「想像しうる最悪の死」を遂げた男が悲惨すぎる! レスキュー隊も救助断念、遺体は永久に… 壮絶なる最期

news

人の死に方は千差万別だが、アメリカに「想像しうる最悪の死に方」をした人物がいると英紙「Daily Star」(11月1日付)が報じている。

2009年、当時26歳だった医学生のジョン・エドワーズ・ジョーンズは、感謝祭の休みにユタ州の実家を訪ねた折、家族や友人らと一緒に、洞窟探検で有名なナティ・パティ洞窟を訪れた。

洞窟探検を趣味としていたジョンは、そこで「バース・カナル(産道)」として知られる最も細い経路に挑戦した。ジョンはかつてこの経路を踏破したことがあり、2度目も成功すると信じていたようだ。しかし、以前はまだ体が小さい子供だったからこそ成功したのだった。今やジョンは180cmを超える大男である。この誤算が彼の命を奪うことになった。

ジョンは尻、腹、指を巧みに動かし、細い洞窟を進んでいった。しかし数分もしないうちに、体が洞窟にはさまって動けなくなったことに気付いたという。Uターンするスペースも、後ろに下がる余裕もない状況の中、彼には前に進むしか選択肢が残されていなかった。

肺から息を吐き出し、体を薄くしたジョンは、幅25cm、高さ45cmしかない「L字ポイント」に挑んだ。しかし、息を吸い込み胸が膨らんだことで、完全に洞窟にはさまってしまったという。

兄ジョシュはジョンのふくらはぎを掴み、引っ張り上げようとしたが、ビクともしなかった。むしろ状況はさらに悪化し、ジョンはさらに深く穴に入り込んでしまった。さらに、腕が胸の下にはさまり、完全に身動きが取れない状態になったという。

レスキュー隊が駆け付けた後も困難は続いた。当時救助にあたったショーン・ラウンディが、その時の様子を語っている。

「ジョンは洞窟の中で最悪の場所にはさまっていました。そこは非常に狭く、やっかいな場所です。そこまでレスキュー隊員を下ろすことも困難でしたが、なんとか彼の近くまで行くことができ、彼の手を掴むことにも成功しました」

レスキュー隊は滑車を使いロープで引き上げる作戦を実行した。その時点でジョンは8時間以上、逆さまの状態にされていたものの、まだ体力に余裕があり、レスキュー隊がジョンに接近した際には点滴や飲食物を渡し、ジョンの妻と通話させることもできたという。

皆が安堵し、救助の成功を確信し始めた。しかし、ここで最悪の事態が発生する。滑車に不具合があり、ジョンの体が元の位置まで落ちてしまったのだ。救助活動は最初からやり直しとなった。

「ジョンの上半身には強い圧力がかかっていましたが、このような状況でも彼は粘り強く、気持ちも落ち込んでいませんでした」(スペンサー・キャノン巡査長)

レスキュー隊は別の方法も模索し、ジョンの周囲の岩を削る作戦にも出た。しかし、事故から24時間経過し、逆さ吊りのジョンの体力に限界が迫っていた。呼吸することが難しくなり、数時間苦しんだ後、ジョンは息を引き取ったという。

救助作業は遺体回収作業に変更になったが、これまで出すことができなかった体を取り出すことは成功の見込みが薄い上、隊員の身にも危険に晒されることから、ジョンの遺体はそのまま放置されることが決定された。事故から一週間後、ナティ・パティ洞窟にはコンクリートが流し込まれ、ジョンの遺体は永遠に閉じ込められた。

洞窟にはさまって身動きが取れないことはもちろん恐怖だが、レスキュー隊でさえ容易に手足が出せない絶望的な状況だと悟った瞬間が彼にとって最も恐ろしかったのではないだろうか。このような状況に陥ることは滅多にないことだと思うが、恐ろしく、また、苦しい死を避けるためにも、冒険もほどほどにしておきたい。

参考:「Daily Star」、ほか

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件