フェラーリ2番目のオープン・ハイブリッド車『SF90 スパイダー』設定か

car

フェラーリ初の量産PHEV(プラグインハイブリッド)モデル『SF90 ストラダーレ』にオープンモデル「スパイダー」が設定されることが確実となった。そのプロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

SF90ストラダーレは、2019年に同社初のPHEVロードカーとしてデビュー。SF90は「スクーデリア・フェラーリ」90周年、ストラダーレは公道仕様モデルを意味している。

捉えたプロトタイプは、ウィンドウとダクトテープを使用することで赤いカバーをボディに固定、ルーフをカモフラージュしている。市販型では、「SF90ストラダーレ スパイダー」、あるいは単に「SF90スパイダー」と呼ばれることが予想され、『ラ・フェラーリ アペルタ』に続く同ブランド2番目のコンバーチブル・ハイブリッドカーとなる。

フェラーリ SF90 スパイダー(仮)開発車両(スクープ写真)

オープンルーフの仕様は、「F8スパイダー」同様にソフトトップではなく、電動折りたたみ式ハードトップが予想される。

パワートレインは、4.0リットルV型8気筒エンジン+3電気モーターで、最高出力1000psを発揮、8速デュアルクラッチオートマチックトランスミッションと組み合わされ、EV走行は25km(15マイル)とされている。最高速度は340km/hでクーペと同じ。0-100km/h加速はクーペが2.5秒だが、スパイダーでは1/10秒遅れることになるだろう。

フェラーリはSF90スパイダーを2021年初頭に発表し、2021年夏までにデリバリーを開始するスケジュールとなっているようだ。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件