11月7日は世界的シンガーソングライター、レナード・コーエンが死亡した日! 世代を超えた等しく“絶対的な価値”を創造

news

『レナード・コーエンのアルバム「Various Positions」のジャケット』

2016年11月7日は、カナダを代表する詩人であり現代のポップミュージックシーンに多大な影響を与えたシンガーソングライターのレナード・コーエンが死亡した日である。

詩人・小説家として数多くの著作を遺した人物であるが、近年の印象は世界的なシンガーソングライター、中でも多くのミュージシャンにカバーされ新たなスタンダードナンバーとなった『Hallelujah』の産みの親として顔が強く、人種・年齢を越えた幅広い敬愛を集めている。

同曲がアルバム『Various Positions』の収録曲として発表されたのが1984年。

しかし、その“現代の賛美歌”が発見されたのは、その約7年後、元ヴェルヴェット・アンダーグラウンドのジョン・ケイルによる1991年のカバーによってだった。

そして同曲が神話化されることに大きな役割を果たしたのが、30歳で事故死を遂げた早世の天才シンガー、ジェフ・バックリィだった。1997年に死亡した彼のバージョンの『Hallelujah』が2007年にリリースされると、すぐさまその“長年評価を先送りされ続けていた曲”は、ビルボードのデジタル部門で1位になるなどの全世界的なヒットを記録したのであった。

その後同曲は若年層から老年まで、等しく“絶対的な価値”を持つ神話の領域に入ったことは現在のポップミュージックシーンを一瞥すればわかるだろう。

そして2016年11月10日、同月7日にレナード・コーエンが死亡したことが発表されると、レナードによるオリジナル版の『Hallelujah』は、ビルボードホット100を始めとする世界各国のヒットチャートに、ランクインした。

それはYouTubeでは1億再生回数をに迫る近年同曲の持つ影響力にしては極めてささやかな、一人の作家への葬儀だったのかもしれない。

I did my best, it wasn’t much

I couldn’t feel, so I tried to touch

I’ve told the truth, I didn’t come to fool you

And even though it all went wrong

I’ll stand before the lord of song

With nothing on my tongue but hallelujah

ベストを尽くしてきたが、満足ではなかった。

そう感じられなかったから、到達しようとしてきた。

真実を語ってきたが、馬鹿にしてきたわけじゃない。

私にはこの世界全てがおかしくなっても、『ハレルヤ』と歌い続けるしかないのだから。

(英詩/Leonard Cohen『hallelujah』より)

<11月7日に世界で起こった不幸な出来事一覧はコチラ>

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件