【レクサス IS 改良新型】キーワードは「語れる、刺激的な造形」TRD、Fスポーツパーツ発売

car

トヨタカスタマイジング&ディベロップメントは、レクサス『IS』のマイナーチェンジにあわせ、レクサスブランド向けスポーツパーツ「Fスポーツパーツ(TRD)」の販売を11月5日より順次開始した。

開発コンセプトは「Aerodynamic Control(エアロダイナミック コントロール)」「Total Balance(トータル バランス)」。レクサス ISでは、「語れる造形」と「アグレッシブで刺激的な造形」をキーワードとした。

シンプルでありつつ空力性能のトータルバランスを高めたエアロパーツは、ISにふさわしいスタイリングも両立している。特にリヤディフューザーの中央部にメッシュの開口部を設け、バンパー内の空気を排出させることでリヤのリフトを軽減。また、20インチ鍛造アルミホイールは、インチアップと軽量化の二律双生を実現している。

また、純正のボディカラーをより際立たせる黒塗装のエアロパーツ「ブラックエディション」のツートーンスタイルも設定した。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件