車体に北斎の富士、2階建てバス…富士急グループが高速バス路線に導入

car

富士急グループのフジエクスプレスは、2階建てバス車両を2台導入し、新宿と富士五湖エリアを結ぶ高速バス路線で11月6日に運行を開始した。ボディには浮世絵師・葛飾北斎の富士山をデザインした。

2階建てバスは富士急グループ初の導入だ。国内で唯一保安基準を満たすスカニア製で、座席数は1階10席、2階48席の全58席。2階席の高さは地上から約3メートルで、広々とした窓から眺望が楽しめるとしている。

車両には、「白」を基調とした車体の両側面に異なる表情の富士山を描く。今年生誕260周年を迎えた日本を代表する浮世絵師・葛飾北斎の代表作「富嶽三十六景」に描かれているもので、アダチ版画研究所の協力によってインパクトあるデザインが実現した。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件