『鬼滅の刃』によるアニメ革命か ジャンプ連載の『呪術廻戦』が1000万部突破

lifestyle

先日、『週刊少年ジャンプ』の『呪術廻戦』のコミックシリーズ累計発行部数が1000万部(デジタル版含む)を突破したことが発表された。現在話題の『鬼滅の刃』に続いて、アニメ化により話題となる現象である。『鬼滅』はアニメを復活させるのだろうか。

■『呪術廻戦』が1,000万部突破

今年5月の時点では、『呪術廻戦』のコミックシリーズの累計発行部数は450万部であった。『呪術廻戦』は今年の10月よりアニメ放送されている。つまりアニメ化の前後のここ数ヶ月で、2018年3月の連載開始からの約2年間の2倍以上の売り上げを記録したのだ。

『鬼滅』の場合はTOKYO MX中心で『呪術廻戦』はTBS系列。『鬼滅』の社会現象によって『週刊少年ジャンプ』の漫画のアニメ化への期待度が高くなっているのだろう。

関連記事:少年ジャンプ王道漫画『ブラクロ』の異変に一部ファン歓喜 「百合の波動感じる」

■『鬼滅』によるアニメ改革?

なぜアニメが注目されているのかといえば、アニメ制作会社Ufotableによる『鬼滅』のアニメが美麗で、演出のクオリティが高く、ゆえに大ヒットにつながったと思われているからだ。

それとともに、何より現在のメディア環境として重要なのが、アニメが『Netflix』などの動画配信サービスによって観やすくなっていることだ。

■動画配信サービスでアニメを観る時代

昨今のアニメは主に深夜に放送され、かつてと比べるとマニアックなジャンルとなっていた。しかしながら定額動画配信サービスは、いつでも私たちが話題のアニメを観ることを可能にしている。

話題となった『鬼滅』も、テレビ放送ではなくネットで配信されている動画で観た人が多いことが理解されてきているのだ。

■働く女性も楽しめる配信アニメ

株式会社Leading CommunicationでSNSクリエイターのプロデューサーとしてOL業を務めており、自身もTikTokerとして50万近くのフォロワーを有しているなまはむこも、動画配信サービスでアニメを観る様子を示している。

なまはむこはインスタライブなどをすることでそのような私生活を部分的に示す。会社員として働く女性でもまとまった時間を過ごすことに対し、動画配信サービスによる連続アニメ視聴は実はちょうどよいものとなるのだ。

■アニメパワーの復権

昨今はアニメが深夜に追いやられ、ますます実写化が唯一の大型メディアミックスだったわけだが、『鬼滅』は、実写化に頼らずとも作品を世に示す道を切り拓いたというわけだ。

以上のように、アニメのクオリティを上げる有効性が確認された今、日本で最も売り上げている国民的漫画『ONE PIECE』のアニメの問題がより焦点化されるだろう。

■『ワンピ』のアニメクオリティ問題

アニメ『ONE PIECE』(フジテレビ系列) は最近でも、『BUSTERCALL』という『ワンピ』のアート企画で、集英社に所属していると思われる担当者がアニメやグッズ展開に対し批判していたことが話題となっていた。

『ワンピ』は原作漫画にアニメが追いついてしまいそうなのでアニメとしてはテンポが遅くなってしまう。それに対し昨今のアニメは期間ごとに区切って放送するスタイルをとっている。

■アニメ『ワンピ』はどう変えられるか

そこで『ワンピ』もアニメのクオリティを上げるために、期間を区切って放送すべきという意見が以前からあった。

これまではそれでも毎週『ワンピ』が放送され続けることが子供の視聴者の目線からしてもよいに決まっていたが、『鬼滅』の件で期間を区切って放送してでもアニメのクオリティを上げるべき理由ができたと言える。

アニメ『ワンピ』を制作する東映アニメーションは難しい選択に迫られているのかもしれない。

・合わせて読みたい→『鬼滅の刃』声優・鬼頭明里、竈門禰豆子を演じる苦労告白 「鬼になってからは…」

(文/メディア評論家・宮室 信洋)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件