宇垣美里、声優初挑戦の映画公開!花澤香菜に褒められ感激「冥途の土産に……」

lifestyle

フリーアナウンサーの宇垣美里が7日、都内の劇場で行われたアニメ映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』の初日舞台挨拶に、声優の宮野真守、花澤香菜、櫻井孝宏と共に登壇した。

中国のアニメ監督、アニメーターのMTJJ及び寒木春華(HMCH)スタジオが制作した同作は、森を追われた黒猫の妖精・シャオヘイが新たな居場所を求める冒険ファンタジー。

主人公のシャオヘイを花澤、彼に手を差し伸べる植物を自在に操る妖精フーシーを櫻井、人間でありながら最強の執行人であるムゲンを宮野がそれぞれ演じる。

宇垣は花の妖精役としてアニメ声優に初挑戦。「作品の中でムゲンとシャオヘイとお話ができて、すごくうれしかったです」と語ると、花澤から「私は宇垣さんのことが大好きなんですよ!」と突然の告白。宇垣は思わず「うれしい~!」と声を上げた。

なおも花澤は「宇垣さんが出演されているラジオをずっと聴いておりました。そこで宇垣さんがいきいきしゃべられているのを聴いていた」と続け、「花の妖精は人間と共存することを楽しんでいる役じゃないですか。宇垣さんにピッタリだな~という感じがしました」と評し、宮野も「ぱぁっと明るくなるよね」と共感した。

それを聞いた宇垣は「ありがとうございます。今の言葉を胸に私はほんとに冥途の土産とさせていただきます……」と感無量の様子で、登壇キャストから「逝かないで!(笑)」と総ツッコミを受けていた。

映画『羅小黒戦記(ロシャオヘイセンキ) ぼくが選ぶ未来』は、本日11月7日(土)より全国公開。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件