秋空の下輝く稲穂、晩稲の収穫がピークに 江西省南昌市

news

3日、黄金色に彩られた南昌県蒋巷鎮の田園風景。(小型無人機から、南昌=新華社記者/彭昭之)

【新華社南昌11月7日】中国江西省南昌県に広がる83万ムー(約5万5千ヘクタール)余りの田んぼでは、晩稲の収穫がピークを迎えている。秋晴れの空の下、農家の人たちが収穫と天日干しの作業に追われている。

3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業に励む農家の人。(南昌=新華社記者/彭昭之)

3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業に励む農家の人。(南昌=新華社記者/彭昭之)

3日、江西省南昌県の蒋巷鎮で、刈り取った稲穂をトラックに積み込む農家の人。(小型無人機から、南昌=新華社記者/彭昭之)

3日、江西省南昌県の蒋巷鎮で、刈り取ったもみ米をトラックに積み込む農家の人。(小型無人機から、南昌=新華社記者/彭昭之)

3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業に励む農家の人。(小型無人機から、南昌=新華社記者/彭昭之)

3日、江西省南昌県蒋巷鎮の田んぼで、晩稲の収穫作業を行うコンバイン。(小型無人機から、南昌=新華社記者/彭昭之)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件