南通税関、生きた毒グモ「ハイイロゴケグモ」を捕獲 江蘇省

news

南通税関で捕獲された生きた毒グモ「ハイイロゴケグモ」。(10月30日撮影、南通=新華社配信/楊陽)

【新華社南京11月7日】中国江蘇省の南通税関は4日、輸入した綿花からこのほど、有毒の外来生物を発見、捕獲したと発表した。同税関の有害生物検疫実験室が鑑定したところ、ハイイロゴケグモ(学名、Latrodectus geometricus)であることが分かった。

南通税関で捕獲された生きた毒グモ「ハイイロゴケグモ」。(10月30日撮影、南通=新華社配信/楊陽)

この貨物にはすでに後続の検疫と駆除が実施されている。

主にアフリカなどの熱帯地域に生息するハイイロゴケグモは、雌の腹部に砂時計型の赤い斑紋があり、強力な神経毒を持っている。侵入し繁殖すると生態環境や人々の健康が脅かされる。有毒の外来種の侵入を防ぐため、職員は直ちに該当貨物に対し検疫と駆除を実施、全過程での監督・管理も徹底した。(記者/劉巍巍)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件