PS5『スパイダーマン:マイルズ・モラレス』に登場する『スパイダーバース』版スキン、コマレベルで映画に準拠する徹底ぶり

news

PS5のローンチタイトルとなる『Spider-Man: Miles Morales』。発売もいよいよ来週に迫る中、同ゲームのお楽しみ要素であるコスチュームのひとつとして、主人公が同じマイルズ・モラレスである2018年(日本では2019年公開)のアニメ映画『スパイダーマン: スパイダーバース』版が登場するのですが、そのこだわりが凄まじい……!

映像を見るとスパイダーマンの動きがやたらカクカクしているのがわかるかと思いますが、これは『スパイダーバース』でキャラクターがあえて1秒に12フレーム(シーンによって変動。詳しくはアニメーター若杉遼さんのインタビューで!)で描かれたことを再現したもの。アニメと同様にコミック風効果音エフェクトが出るのも細かい……!

ただフレームレートが変わっているのではなく、動きからして変わっており、完全新規なキャラクター。動画を見る限りクエストの会話シーンもスパイダーマンのフレームレートは変わらずそのまま遊べる様子。どんだけ手間をかけているんだか……!

60フレームで遊べることも売りになっているゲームで、こういう遊びを入れてくるのも面白いところですよね。ちなみに『スパイダーバース・スーツ』は早期購入特典とのこと。気になる人はお早めに……!

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件