もうすぐ65歳の人へ「年金請求書が届いたら」

news

「支給開始年齢になったら、年金は自動的に振り込まれるものでしょ?」なんて思っている人はいませんか?

答えは「ノー」です。

「年金請求書」を提出して、請求手続きを行わないと、年金を受け取ることはできません。

のちほど詳しく扱いますが、65歳より前に「特別支給の老齢厚生年金」を受け取っている人は特に注意が必要です。本来の年金受給年齢である65歳になるときに、改めて手続きをしないと、一時的に年金を受給できなくなることも…。

今回は、公的年金制度のキホンを確認しつつ、この「年金請求書」について知っておいていただきたいことをご紹介していきますね。

公的年金制度をおさらい

さいしょに、「2階建て構造」といわれる、日本の年金制度の基本をおさらいしましょう。

1階部分「国民年金」

日本に住む20歳以上60歳未満の全員に加入義務。

2階部分「厚生年金」

公務員や会社員などが「国民年金」に上乗せで加入。

支給開始年齢はどちらも原則65歳。受給資格を満たしている場合に受け取れる年金は以下のようになります。

  • 国民年金のみに加入していた人…「老齢基礎年金」
  • 厚生年金に加入していた人…「老齢基礎年金」+「老齢厚生年金」
  • 3
  • 4

参考記事

ニュースレター

「65歳になるまで」の年金事情を整理

「待機期間」って?

年金保険料の納付は原則60歳で終了します。そして、年金支給開始の65歳になるまで(特別支給の老齢年金対象者は、該当する年齢に達するまで)は、年金を受け取れとれない期間があります。この期間を「待機期間」といいます。

繰り上げ受給を考えたら

「年金の繰上げ受給」を希望すれば、支給開始年齢になる前でも年金を受け取ることができます。この場合、65歳以降に受け取る老齢年金が減額されるなどのデメリットがある点に注意が必要です。

「特別支給の老齢厚生年金」って?

厚生年金の支給開始年齢は、以前は60歳からとされていました。ところが、これが、段階的に引き上げられた結果、2020年現在は国民年金と同じ65歳からとなっています。

そこで、経過措置として、

  • 男性…1961年4月1日
  • 女性…1966年4月1日

この日以前に生まれた人は、65歳まで「特別支給の老齢厚生年金」を受け取ることができます

※「老齢基礎年金の受給資格期間(10年)があること」「厚生年金保険等に1年以上加入していたこと」「60歳以上であること」という条件を満たしていることも必要です。 ※支給開始年齢は生年月日によって変わります。自分の支給開始年齢を確認しておくことが必要です。

「年金請求書」を提出しないと年金は受け取れない!

さて、ここまでをおさらいすると、受給要件を満たせば

  • 64歳まで…特別支給の老齢厚生年金(※)
  • 65歳から…本来支給の老齢年金

を受給できるようになることがおわかりいただけたかと思います。

そこで、今回のお話の本題。

年金は支給開始年齢になれば自動的に口座に振り込まれるわけではありません。年金を受け取るためには、「年金請求書」を提出し、年金の請求手続きを行なうことが必要です。

年金請求書ってどんなもの?

年金請求書とは、年金の支給開始年齢になり受給権が発生した人の基礎年金番号や氏名、住所などが印字された書類のことです。

年金の支給開始年齢になる3カ月前に日本年金機構から郵送されてきます。必要事項を記入し、必要書類とあわせて最寄りの年金事務所や年金相談センターに提出します。

年金請求書が提出できるようになるのは、年金の受給権が発生してから(※)です。

(※)年金の受給権は「年金の支給開始年齢に到達した日(誕生日の前日)」に発生します。

「特別支給の老齢厚生年金」をもらっている場合

厚生年金の「特別支給の老齢厚生年金」を受け取っている人は、特に気を付けましょう。

65歳になる前から「年金」を受け取っているので、65歳以降も手続きなしで大丈夫だと思いがちです。でも、実は65歳になったときに、もう一度年金請求書を提出する必要があります。

これは、64歳までは「特別支給の老齢年金」、65歳以降は「本来支給の老齢年金」、年金の種類がちがうためです。

特別支給の老齢年金の支給は65歳を迎えた時点で終わります。本来支給されるはずの老齢年金の手続きが遅れると、年金が振り込まれない状態が続いてしまいます。生活するうえで年金が不可欠という場合は、特に注意しましょう。

年金請求書「郵送・提出期限はいつ?」

はじめて老齢年金を請求する場合

年金請求書が届く時期

  • 受給開始年齢に到達する3か月前

年金請求書の提出期限

  • 誕生月の末日(1日生まれの場合は前月末日)まで。

「特別支給の老齢厚生年金」受給中の場合

年金請求書が届く時期

  • 65歳になる誕生月の初旬(1日生まれの場合は前月の初旬)

※提出期限に遅れた場合、本来支給の老齢年金の支給が一時保留となってしまうので注意しましょう。

年金請求書の提出先

  • 年金事務所へ郵送、もしくは、年金事務所や「街角の年金相談センター」の窓口に提出。

おわりに

「年金をどのくらいもらえるか」「年金だけで生活費をまかなえるか」といった部分については、現役時代からていねいにシミュレーションなさっている人も多いでしょう。

なお、請求せずに5年を経過した年金は時効となり、受け取ることができません。安心したリタイヤ生活を送るために、年金請求手続きを忘れないように注意しましょう。

年金受給年齢が近づいてきた方は、日本年金機構の郵送物が届いていないかどうか注意してくださいね。

【参考】

LIMO編集部

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件