「売れる不用品なんてない」と嘆く人へ。フリマの出品物を探す3つのコツ

news

Elnur/shutterstock.com

フリマアプリを使う人が増えているとは聞くものの、逆にスタートが切れない人もいるのは事実です。なぜ始められないの?と聞くと「だって売るものがないんだもん」と。同じように考えている人も意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回は「フリマの出品物を見つけるコツ」を紹介していきます。

「売るものがない」という人、まずは気持ちの切り替えを

フリマアプリスタートの第一関門というと、登録作業や出品作業かなと思うのですが、筆者は「売る物を見つけること」だと考えています。というのも、フリマアプリを使わない人の中には「売るものがなくて」という人が意外にも多いのです。

でもごく一般的な生活をしていれば、家の中には必ず物があります。その中からまずは1個見つけようと思えばいいのです。たった1個。まずはそこからスタートと考えればいいのですが、なんだかたくさん出品しようと考えてしまうこともあります。これは他のユーザーさんの出品物が多かったりして、それに引っ張られてしまうからでしょう。他のユーザーさんの出品物なんて見ない!自分は自分と考えることも大切ですよ。

参考記事

ニュースレター

フリマアプリの出品物を探すコツ

「売れる物」ではなく「売る物」と考える

フリマアプリに出品する物を探すとき、どうしても「売れる物」はなんだろうと考えてしまいます。高値で売れる、すぐ売れるなどいい面ばかりに気を取られてしまうのです。でも最初は「売る物」でいいのです。

なぜなら、まずは「出品する」ことが大切だからです。スタートを切らないと何も始まらないのだから、「売れるかな、売れないかな」と悩むよりも「これ、売ろう」と思って出品する。これがフリマのベースになってくるので、そのためにも「売る物」を探していくのです。

毎日見ているところにこそ、不用品がある

具体的に物を見つけるときには気合いを入れすぎて、ついつい普段開けないような扉を開けてしまうもの。でも出品する物はもっと身近にあったりもします。

例えば本棚。毎日見ていると思うのですが、動かしていない本や置物はありませんか? キッチンにも毎日目に入ってくるけれど、使ってないお皿があるかもしれません。生活の中に馴染んでいるからこそ、見えにくくなってしまう物。それが出品物に変わることも大いにあります。

他にもクローゼットの中。洋服を取り出すので毎日見ているのですが、意外に素通りしているものもあります。ずっとかけっぱなしになっているバッグ、帽子、未使用のままのハンドタオルとか(これ、なぜか溜まっていくんですよね)。

これまで意識していなかった物に目を向けるだけでも、出品する商品が見つかる可能性は高いと思います。

手当たり次第はやめる

商品を見つけるときに、目についた物から片付けようとすると、結果的にうまくいきません。あれもこれもと目移りしてしまって、どれも中途半端になってしまうからです。

本棚から出品物を探すとなったら、「まずは1段目」というように、狭いスペースで区切った方がいいです。片付ける範囲が狭くなればゴールが見えやすくなりますし、実際に早くゴールにたどり着けます。一度やってみればそこで達成感が得られるので、「じゃ、次も片付けるか」と2段目に取り掛かりやすくなります。

「これ、使わないよね?」と自問する

出品物を探していると、使うかどうか判断に迷う物も出てきます。「もしかしたらまた使うかも」と思ってしまうからですね。でも筆者の経験上、1年使っていなかった物は、その先も使うことはほぼありません。

そもそもそれを使うような生活をしていない、あるいは他の物で代用できているからです。ただどうしても迷ってしまうのがヒトなので、そんなときには「これ、使わないよね?」と自問してみましょう。ポイントは「使わないよね?」と否定で聞くことです。「使うよね?」と聞くと「使う」となりがちなので、逆にすればいいだけです。

出品物が見つかったら、気が変わらないうちに早めに出品をしてしまいましょう。もしかしたら出品を迷う物があるかもしれませんが、出品をすることで吹っ切れます。筆者も迷っていたらまず出品してしまいます。そうすれば諦めがつくので、その後は物への執着がなくなり「早く売れないかな」なんて思ったりもします。

また出品前には出品禁止物の確認も必要です。ルールを守るのは大前提、そしてフリマのマナーも守りつつ上手に活用していきましょう。

川崎 さちえ(フリマアプリ・ネットオークションの専門家)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件