デーブ・スペクターが警告「トランプ支持者を軽く見ないほうがいい」

lifestyle

タレントのデーブ・スペクターは8日放送の『サンデー・ジャポン』(TBS系)に出演し、米大統領選を通じてあらわとなった米国民の分断に警戒感を表明した。

米大統領選は、大接戦の末、民主党のバイデン候補が共和党の現職トランプ候補を破って当選を確実にしたと、米メディアが伝えている。だがスペクターは「7000万人近くがトランプに入れた。トランプ支持者を軽く見ない方がいい。彼らの中にある潜在的な不満とか、求めていることや価値観が違うということは受け止める必要がある」と指摘。「バイデンが大変なのは、ある部分、(トランプ支持層を)理解するところを見せないといけないことだ」と語った。

元NHKアナウンサーで米ニューヨーク在住の久保純子も現地から番組に出演し、「バイデンさんは『民主党の大統領ではなく全国民の大統領になる』と公言しているが、どうやって溝を埋めていくのか、皆さん不安を抱えていると思う」と述べた。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件