番組収録で負傷したトレエン斎藤、1ヵ月後の現在も「痛いです」

lifestyle

フジテレビの番組収録中に大けがを負ったトレンディエンジェルの斎藤司が、8日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)に初出演。いまだに痛みが治まってないことを明かした。

斎藤は10月8日、フジテレビの『でんじろうのTHE実験』の収録で、尻の下に敷いたエアバッグを爆発させたら体がどれだけ宙に浮くかの実験中、着地時に腰を強く打ち、背骨の圧迫骨折で全治2~3ヵ月と診断された。

ダウンタウンの松本人志から「きょうは正式にフジテレビに文句を言いに来たんでしょう? 法廷で争うつもりで」といじられた斎藤。現在の体調について聞かれると、「1ヵ月で痛みは治まると言われて、もう1ヵ月たつけど痛いです」と語った。今もギプスを装着しており、動きが不自由だという。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件