新型プジョー208、ヒットの予感あり! 選ぶならアリュールかGT Lineか。価格差は33万円

car

ここのところ、プジョー(とシトロエン、DS)が好調だ。出すモデルはどれもヒットしているし、実際の評判もいい。そこに加わるのが新型208である。日本でも大人気となった初代207(1998年〜)を上回るヒットの予感がする。さて、その208の主要グレード2台を試乗した。アリュールとGT Lineである。

新型プジョー208ってどんなクルマ?

プジョーのBセグメントのハッチバック、208がモデルチェンジを受けた。新型208は、PSAのB/Cセグメント用プラットフォームであるCMPをベースにしている。CMP (Common Modular Platform)はDS3 CROSSBACKから採用が始まったPSAの新しいプラットフォームである。

PSAのプラットフォームは、308以上(SUV3008やシトロエン・グランドC4スペースツアラー、DS7 CROSSBACKなど)の「EMP2」と新型208が使うCMPのふたつということになる。

ちなみに、このCMPはパワートレーンを含むプラットフォームで車輌の製造原価の40%を占める。ボディスタイルを問わず下記のものを含むという。

・アンダーボディ

・サスペンションシステム

・パワートレーン

・基本的な電装システム一式

さて、そのCMPの新型208には、3つのグレードがある。

208スタイル:239万9000円(受注生産)

208アリュール:259万9000円

208GT Line:293万円

である。

208スタイルが受注生産というところから見ても、事実上のベースグレードがアリュール、トップグレードがGT Lineと考えていいだろう。パワートレーンはスペックも含めて同じだ。つまり、1.2ℓ直3DOHCターボ(100ps/205Nm)+アイシン・エィ・ダブリュ製8速ATである。

新型208アリュールと208GT Lineに続けて試乗することができたので、レポートしたい。

新型208のボディサイズは

全長×全幅×全高:4095mm×1745mm×1445mm

ホイールベース:2540mm

である。

先代208のボディサイズは

全長×全幅×全高:3975mm×1740mm×1470mm

ホイールベース:2540mm

だから、全長が120mmも拡大している。シャープな印象のスタイリングと相まって、「かわいい」よりは「カッコいい」208になったわけだ。

実際、新型はカッコいい。最新のプジョーデザインで、フロントエンドは新世代プジョーのシグネチャーともいえるフルLEDの三本爪をモチーフとしたヘッドライトが特徴的だ。

新型プジョー208アリュールに乗ってみる

最初に乗ったのはアリュールである。

個人的な話で恐縮だが、90年代、プジョー306をマイカーにしていた時期がある。3ドアの「スタイル」というグレードだった。今回の208と同じく、スタイルは最廉価グレードだった。シンプルな装備、出力の低いエンジン、マニュアルトランスミッション、ハイトの高いタイヤがフランス車には合っていると思って(というよりお金がなかったからが本当なのだが)306スタイルを選んだ。

だから、新型208もタイヤが195/55R16(GT Lineは205/45R17)を履いたアリュールの方がいいだろうという先入観を持って試乗をスタートした。

208、とてもいい。1.2ℓ直3ターボは、3気筒のネガを感じずに気持ちよく回る。とはいえ、8速ATと組み合わせているから、100km/h巡航では8速に入らない。110km/hでようやく8速に入る。100km/h巡航時のエンジン回転数は7速で2200rpmくらいだった(パドルを引いて手動でシフトアップすれば8速に入れることはできる)。

最新のプジョーのデザイン手法に則ったインテリアは、例の「i-Cockpit」(今回は3D i-Cockpit)を採用する。これが「合う」か「合わないか」が208を選ぶか選べないか、を決める最も大きな要素だと思う。

「D形」というよりも横楕円、あるいはF1マシン用と見まごうステアリングホイール、その上から覗き込むメータークラスターに違和感を覚えないなら208は「アリ」だ。アリというより、とてもいい選択になると思う。乗り心地はいいし、かっこもいい。シートの出来もいい。

新型プジョー208 GT Lineに乗ってみる

アリュールの後に乗ったのは、GT Lineだった。

乗り出して100mもしないうちに、「あれ、こっちのほうがいい」と感じた。乗り心地がどうこうというより(センサーが鈍いということもある)、全体が「シャキッと」しているのだ、GT Lineの方が。

アリュールとGT Lineの価格差は33万1000円。

装備の差は

(GT Lineは)

サイドソナー

ヘッドライトがフルLED

インテリジェントハイビーム

アクティブブラインドスポットモニター

スポーティフロントグリル

サイドミラーがブラック

シャイニーブラックホイールアーチ

クロームエキゾーストエンド

アンテナがショートタイプに

シートがダイナミックタイプのアルカンターラ/テップレザーシートに(アリュールはコンフォートタイプのファブリック/テップレザーシート)

アルミペダル

となる。

タイヤは

アリュールがミシュラン・プライマシー4 タイヤサイズ:195/55R16

GT-Lineがミシュラン・プライマシー4 タイヤサイズ:205/45R17

になる。アリュールの方が乗り心地がマイルドかといえば、そうでもない。どちらも乗り心地は悪くないが、前述したとおりGT Lineの方がビシッとした乗り味だ。

GT Lineは400kmほど走って(高速、郊外路、市街地)14.0km/ℓだった。燃費自体はアリュールもGT Lineも変わらない。

価格差はそれなりにあるからアリュールを選んでも後悔することなないだろうが、筆者が208を選ぶとしたらGT Lineを選ぶ。細かい装備を含めてGT Lineの方が充実している(ブラインドスポットディテクション/インテリジェントハイビームはアリュールは装備しない)こともあるが、やはり、GT Lineのあのシャキッと感は魅力だ。

とはいえ、これまた個人的な感想を言えば、やっぱりi-Cockpitへの違和感はなくならない。こればかりは、個人の嗜好だからなんとも言えないが、i-Cockpitが問題なく馴染む人には、新型208は有力なBセグハッチバックになる。

プジョー208 Allure

全長×全幅×全高:4095mm×1745mm×1445mm

ホイールベース:2540mm

車重:1160kg

サスペンション:Fマクファーソンストラット式/Rトーションビーム式

駆動方式:FF

エンジン

形式:直列3気筒DOHCターボ

型式:EB2 PureTech

排気量:1199cc

ボア×ストローク:75.0mm×90.5 mm

圧縮比:10.5

最高出力:100ps(74kW)/5500pm

最大トルク:205Nm/1750rpm

燃料供給:DI

燃料:無鉛プレミアム

燃料タンク:44ℓ

燃費:WLTCモード 17.0km/ℓ

市街地モード13.0km/ℓ

郊外モード:17.3km/ℓ

高速道路:19.3km/ℓ

トランスミッション:8速AT

車両本体価格:259万9000円

試乗車はオプション込み288万3430円(ナビゲーションシステム23万6500円/ETC2.0 4万4550円/フロアマット1万2430円)

プジョー208 GT Line

全長×全幅×全高:4095mm×1745mm×1465mm

ホイールベース:2540mm

車重:1170kg

サスペンション:Fマクファーソンストラット式/Rトーションビーム式

駆動方式:FF

エンジン

形式:直列3気筒DOHCターボ

型式:EB2 PureTech

排気量:1199cc

ボア×ストローク:75.0mm×90.5 mm

圧縮比:10.5

最高出力:100ps(74kW)/5500pm

最大トルク:205Nm/1750rpm

燃料供給:DI

燃料:無鉛プレミアム

燃料タンク:44ℓ

燃費:WLTCモード 17.0km/ℓ

市街地モード13.0km/ℓ

郊外モード:17.3km/ℓ

高速道路:19.3km/ℓ

トランスミッション:8速AT

車両本体価格:293万円

試乗車はオプション込み338万4550円(ナビゲーションシステム23万6500円/ETC2.0 4万4550円/パールホワイト塗装7万1500円)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件