藤田ニコルの既読つけずにLINEを見る方法が話題 「すごい簡単…」

lifestyle

23日放送の『今夜くらべてみました』(日本テレビ系)に、タレントの藤田ニコルが出演。既読をつけずに相手からのLINEを見る方法について語り、ネット上で話題になっている。

■謎の”ブオン機能”とは?

番組中盤、あるタレントが、意中の相手をLINEでデートに誘うくだりに。まずはジャブ程度に、最近イメチェンした旨について送るのだが、送信後、横で見ていた藤田はすぐに「(画面を)早く閉じて、早く閉じて」と連呼する。

その理由は「既読すぐについたらキモいから」というもの。さらに「見るときは”ブオン”て見るんだよ」と謎の擬音語を発するのが、じつはこれは、既読をつけずにLINEを見る有名な機能を指していた。

関連記事:あなたの「LINE年齢」はいくつ? 文章で如実に年齢が出る傾向も

■プレビュー画面が表示され…

やり方は、じつに簡単。相手からメッセージが届いた際、開封することなく、まずはトーク一覧画面上で対象のトークルームを長押し。すると”ブオン”と音が鳴り、相手からのメッセージがプレビュー表示されるのだ。

これによって、既読をつけることなく、相手からの文章を心置きなく読むことができるという。フット後藤などの世代は「ええ? 何?」と驚いて見せたが、藤田や指原莉乃などの若い世代には、割と当たり前となっているようだ。

■「こんなのあり?」

どうやら視聴者のあいだでも、知らなかった人は多くいたようで「初めて聞いた…すごい簡単じゃん」「こんな隠し機能ってありなの?」と相次ぐ驚きの声が。

ちなみにこの機能、前述のとおり相手からのメッセージを既読なしに読むことができるのだが、一方で自分が送ったメッセージに相手の既読がついたかを確認することもできる。

もちろん、通常の画面でもそれは確認できるのだが、自身が確認した直後に相手からメッセージが来た場合、こちらの既読が即座についてしまい、恥ずかしい思いをしてしまうこともある。プレビュー画面では、こういったことを未然に防ぐことができるのだ。

■既読無視されると悲しい?

ちなみに、しらべぇ編集部が全国20〜60代のLINEを利用している男女714名を対象に調査を実施したところ、全体の44.0%が「既読無視をされると、悲しい気分になるほうだ」と回答している。

万が一返しそびれてしまっても、このプレビュー機能を使っていれば、このように相手を悲しませることもないだろう。

いまや、老若男女が使っているLINE。しかし使いこなせているかという点では、やはり世代間で大きな差が出ているようだ。

・合わせて読みたい→Twitterの新機能フリート 既読がバレる仕様にユーザーが悲鳴

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日

対象:全国20代~60代のLINEを利用している男女714名(有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件