初の“シビ辛系”ファミチキが登場 花椒やマヨネーズのちょい足しも楽しい

lifestyle

1月5日より、全国のファミリーマートにて、痺れる辛さが特徴の「ファミチキ 麻辣味」(税込198円)が発売された。

画像をもっと見る

■ファミチキ麻辣味

「ファミチキ 麻辣味」は、麻婆豆腐などに使われることの多い花椒の痺れる辛さと、唐辛子の辛さが合わさった麻辣味を、ファミチキのジューシーさとともに味わうことのできる新商品。

衣には、コチュジャン、花椒など、複数のスパイスを加えたコクのある麻辣ソースが使用されているという。

関連記事:ほっともっと、10日間限定で「かつ丼」を特別価格に 斬新な“辛いかつ丼”も対象

■痺れる辛さが寒い時期にピッタリ

実際の商品を見てみると、赤みのある衣からは視界からも辛さが伝わってくる。衣の表面にもジュワッと油がにじみ出てくるほどのジューシーさがたまらない。

「激辛」というほど辛味は強くないのだが、花椒の風味やコチュジャン、唐辛子など複数のスパイスからなる深みのある旨味と味わいがとっても美味。舌が痺れるほどの刺激があるというよりは、スパイスの風味が楽しめるといった感じだ。

■追い花椒でシビ辛感アップ

同商品は、辛い物がそれほど強くないという人でも安心して食べられる辛さなのだが、もう少し刺激がほしいという人には、「追い花椒」がオススメだ。

「花椒」は一見馴染みがないようで、現在ではスーパーや100円ショップでも販売されている。写真は若干出し過ぎてしまったが、少々振りかけるとグッと深みのある味わいになると同時に、花椒の痺れる辛さが、よりいっそう食欲をそそられる。

■マヨネーズも合う

カロリー増し増しの背徳感が味わえるちょい足しとしては、マヨネーズもオススメ。辛さがグッとマイルドになり、ジューシーなファミチキとの相性は抜群だ。

ただし、付けすぎてしまうと、麻辣味の特徴である深みのあるスパイスの風味が損なわれてしまうため、バランスを見ながらちょい足ししていくことをオススメしたい。

・合わせて読みたい→セブンイレブン、中本汁なしカレー麺 お箸では食べられない代物だった

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件