2020年は中止が相次いだ忘年会 今後の廃止を望むのは5割以上

lifestyle

(Ryan McVay/istock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

2020年は新型コロナウイルスの影響で、忘年会を中止する企業が相次いだ。惜しむ声がある一方で、「このまま廃止でもいいのでは」と感じている人も多いと聞く。

2021年以降の忘年会について、世間はどう考えているのだろうか?

画像をもっと見る

■忘年会を廃止してほしい?

しらべぇ編集部は全国の10~60代の男女3,140名に調査を実施した。

結果、「忘年会を廃止してほしい」と答えた人は52.7%。僅差だが、「今後は必要ない」と感じている人が半数を上回る。

関連記事:感染拡大と時短要請で… 「忘年会キャンセル」のトレンド入りに反響相次ぐ

■年代別で傾向

忘年会を廃止してほしいと感じている人を年代別に見ると傾向が出た。

女性は全ての年代で廃止派が半数を上回り、40代は59.5%と最も高い割合に。男性は30~40代は廃止を望む人が多いが、そのほかは開催派が多数を占め、10代は35.0%と少ない。

仕事ではなく、仲間同士の忘年会が主流となっている人が多いことが要因かもしれない。

■開催したい人の意見は

2021年こそは忘年会を開催したいと話すのは20代男性のCさん。

「我が社は出向している社員が多く、1年で全員が揃って話ができるのは忘年会くらいのもの。色々な人に会って意見交換することで得られるものもあるので、必要なイベントだと思う。

友人同士の忘年会も今年はお流れになってしまい、つまらない日々を過ごした。次は開催してほしいと思う」

■廃止を望む声も

廃止してほしいと主張するのは40代女性のAさん。

「私は酒を飲まないので、忘年会は苦痛でしかない。しかも職場のオジサンはこのご時世にもかかわらず、セクハラまがいの発言をぶつけてくるし、酔った女性社員の介抱もしなければならず、本当に嫌なので、今年は忘年会が中止されて、非常に助かった。

忘年会がなくても困ることは一つもなかった。経費も削減できるうえ、時間も有意義に使える。コロナきっかけに、廃止の方向に向かってほしい」

2020年は開催しない企業もあった忘年会。今回やらなかったことで今後も忘年会を廃止する企業は増えていくのかもしれない。

・合わせて読みたい→尾木ママ、菅首相の高級ステーキ8人会食に怒り 「学生も見てますよ!」

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年12月11日~2020年12月18日

対象:全国10代~60代の男女3,140名 (有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件