初競りマグロ最高値が3億から2000万に 最高値常連の大間漁協に本音を聞くと…

lifestyle

まだまだ正月気分が抜けない1月5日、東京・豊洲市場で新年恒例の初競りが行われ、今年もネットで大きな話題となっている。

■最高値のマグロよりも…

年明け最初となるマグロの競りは、各メディアに注目されることもありゲン担ぎやご祝儀の意味合いを込めて相場の何十倍にも値段が伸びることは周知の通り。

2021年の気になる最高値は、青森・大間産のクロマグロ(208.4kg)で2,084万円。2019年は、3億3,360万円(大間産クロマグロ)、20年は1億9,320万円(大間産クロマグロ)と3年連続の億超えも期待されたが、コロナ禍で外食業が低迷していることも大きかったのか、値は伸びずに決着した。

そして、最高値を叩き出したクロマグロより話題となったのは、毎年最高値をつけることで知られる寿司チェーン店「すしざんまい」を運営する喜代村の木村清社長。それゆえ初競り当日は、すしざんまいがツイッターのトレンド入りをはたした。

関連記事:ゴジラの行進? 青森で撮られた不気味な雲の「正体」を気象庁に聞いた

■最高値を付けなかったすしざんまい

毎年のように、初競りでは最高値のマグロを競り落としてきた、すしざんまいの木村社長だが、世間の状況も踏まえて、今年の初競りでは最高値を付けなかったという。

そのことからネットでは、「今年は違うのか…」「世の中の流れが変わったことを実感」「すしざんまいまで自粛なのか」と残念がる声が続出。競り落としたあとに、両手を大きく広げるいつものポーズを期待する人も多かったのだろう。

■全体の売上はどうだったのか

今年はコロナ禍での初競りということもあり、密を避けるために市場の人数制限などを行った豊洲市場。最高値はここ2年と比べて大幅に下がっているが、全体の売上げはどうだったのだろうか。

豊洲市場に問い合わせてみたが、全体の金額は公表していないとのこと。ちなみに、入荷予定数量については、前年比95.3%の883トンであった。

■大間の漁師の本音

初競りの価格が億を越さないとなると、漁師たちの士気にも関わりそうだが……。

それについて、大間漁業組合に聞いてみると、「とくに関係ないですね。あれは宝くじを当てるようなものなので。3億が2,000万円になろうが、漁師の士気が下がるということはありません」との回答。

問題なのは、コロナ禍で獲れた魚の価格が全体的に下がったことだという。「それでも生活に困るほどではありませんが…」と漁業組合の担当者は話すが、収入にも少なからず影響はあったことは想像に難くない。早くコロナウイルスが収束し、来年の初競りではこれまで以上の活気を見せてほしい。

・合わせて読みたい→今年は不漁で「サンマ定食」は食べられない? やよい軒に聞いてみたら…

(取材・文/しらべぇ編集部・小野田裕太)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件