楽天ROOMで確実に売上を上げる「5つのコツ」

news

楽天ROOMは、楽天市場の商品を自分専用ページに収集して紹介できるキュレーションサービスです。

やっている方の多くは、楽天ポイントを稼ぎたくて始めたのではないでしょうか。

しかし、楽天ROOMで稼げていない方の多くは、間違った手法をとっています。

間違った方法をとっていると、商品紹介をしているだけのSNSとなり、いつまで経っても売上には繋がりません。

正しい方法で商品紹介をすれば初心者の方でも売上につなげられます。

この記事では、楽天ROOMで闇雲に商品紹介をするのではなく、確実に売上につなげる方法を詳しく紹介します。

楽天ROOMで売上が上がる5つのコツ

楽天ROOMを始めたばかりの人は、闇雲に商品を紹介する傾向にあります。

しかし、それだけでは全く売れないことに気付くはずです。紹介する5つのコツを理解しておくと、売上につながる速度が格段に上がります。

コツ1. 得意な商品を販売する

楽天ROOMで商品を紹介する場合に気を付けたいのが商品のジャンルです。

時期によって売れるもののジャンルは異なります。また、売れる商品を見つけても紹介が上手ではないと購入にはつながりません。

したがって、まずは自分が好きなものや興味のあることに関わる商品を紹介しましょう。売れそうだからといって詳しくないジャンルを紹介してもライバルに負けてしまいます。

好きなものや興味のあることなら他の人よりも分かりやすく魅力的に紹介できるはずです。まずは、自分が興味のあるジャンルにターゲットを絞りましょう

コツ2. 商品とプロフィール情報に一体感を持たせる

商品ジャンルが決まった後は、紹介する商品とプロフィール情報に一体感を持たせるようにしましょう。

たとえば、猫の商品を紹介していきますとプロフィールに記載している人が、自転車グッズを紹介しても一体感はありません。

プロフィール情報と全く関係のない商品を紹介しても、売上にはつながらないので注意しましょう。

猫グッズ以外の商品を紹介するのであれば、「猫が爪とぎしても傷つきにくい家具」や「猫の足音が階下に響かない防音マット」というように、猫と関連付けできるような紹介方法をとりましょう。

くれぐれも最初に決めたジャンルから脱線しないようにしましょう。

コツ3. インスタグラムと連動させる

楽天ROOMで紹介する商品をインスタグラムにもアップすると、インスタグラムからも集客できます。

もちろん、ツイッターと連動させてもよいのですが、インスタグラムはサムネイル画像があるためツイッターよりも商品の魅力が伝わりやすいのです。

また、インスタグラムにアップロードした写真には「#楽天ROOMに載せています」と一言添えましょう。

インスタグラムで「楽天ROOM」と検索する方もたくさんいるため、アクセスアップにつながります。

コツ4. オリジナル写真には加工と文字入れをする

楽天ROOMの稼ぎ方を検索すると、オリジナル写真を使うことを強調しているブログなどが非常に多くあります。

ランクアップにもつながり、見に来てくれた人への印象も良いので間違ってはいません。しかし、他の人がやっていることを同じようにやっても集客はできません。

まずは、紹介する商品の画像を見て興味を持ってもらうことが重要です。

紹介する商品のオリジナル写真に商品のポイントを文字入れして紹介しましょう。楽天ROOMの商品投稿に記入できる文字数は500文字以内です。

投稿した商品に500文字を書いても、商品そのものに興味がなければ購入はしてくれません。商品画像の余白に商品の簡単な特徴を載せておくと、興味を持ってもらいやすいのです。

画像への文字入力は、インスタグラムで加工したり「Phonto写真文字入れ」などのアプリを利用すると簡単にできます。

コツ5. 商品紹介は自分の言葉で伝える

楽天ROOMで紹介する商品の紹介文は、自分が商品に対して感じたことを自分の言葉で伝えましょう

商品に興味があって見に来てくれた人は、「実際に使った感触はどうだったか?」など生の声を求めているからです。

楽天市場にもとから記載されている商品紹介文をそのまま使うよりも、自分の言葉で書く方が相手に伝わりやすいのです。

楽天市場で書かれている文章だけでは分からないような、メリット・デメリットを正確に書くと効果的です。

他の人がやっていない商品紹介をする

楽天ROOMをしている人の商品紹介方法を見ると、上記で説明したような手法で取り組んでいる方は少ないようです。

この記事で紹介した方法に取り組むだけで、初売上を獲得できるまでのスピードが早まることでしょう。

相互購入を行っている人もいますが、規約違反となり楽天ROOMの利用ができなくなります。

闇雲に商品紹介をするのではなく、見てくれた人の目を引くようなオリジナル写真と文章を使いって他の人との差別化を図り売上を上げていきましょう。(執筆者:成田 秀次)

タグ: マネー 達人

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件