100周年記念事業の第五弾、飛騨高山の観光名所である「高山陣屋」前に、地元企業とコラボしたちいさなホテル“cup of tea ensemble(カップオブティーアンサンブル)” が開業

news

プロジェクトチームDONNA(ダナ)(本拠地:岐阜県高山市、メンバー:中村 匠郎、中村 篤史、早川 和彦、以下、DONNA)は、飛騨高山の観光名所である「高山陣屋」前に、8部屋限定の小さなホテル “cup of tea ensemble” をオープンします。

同ホテルの建設にあたり飛騨産業株式会社(本社:岐阜県高山市、代表取締役社長:岡田 贊三、以下、当社)は、建材・家具・寝具などを提供。同ホテルは明日1月15日(金)に開業の運びとなりましたので、お知らせいたします。

1. 背景

当社は2020年8月10日、創業100年を迎えました。この100周年を契機に改めて自分たちが何者なのかを自問自答することで企業理念を改めて言語化し、「企業としての事業方針」「製品・サービスの展開カテゴリー・開発方針」「社員1人1人の行動指針」など、様々なレイヤーにおける普遍的な考え方を全て包括するものとして『4つの価値観:人を想う、時を継ぐ、技を磨く、森と歩む』を制定しました。

昨年から今年にかけて、上記4つの価値観を体現する新製品を発表しており、今後もこうした理念を象徴する記念プロダクトの開発を『100周年記念事業』として位置付け、継続して取り組む予定です。

一方のDONNAは、Uターンを含む地元高山市出身の30代若手3名が設立したまちづくりの企画を行うチームです。「HIDAを21世紀型の持続可能な地方都市にアップデートする」というミッションを掲げてプロジェクトを推進しており、この度高山陣屋前に新しくホテルを開設するにあたって、内装の建材や客室内の家具・寝具を調達する必要性から当社にお声掛けいただいたものです。

DONNAの手掛けるホテルは、「日本人が一杯のお茶に込めるゲストをもてなす気持ち」「ゲストにとっての “cup of tea” (自分の好み)になって欲しい」という思いを込めて “cup of tea(カップオブティー)” と名付けられていますが、今回の新しいホテルは、さらに「ホテルに関わる多くの方々がアンサンブル(合奏・合唱)を奏でて欲しい」との想いから “ensemble(アンサンブル)” が加えられ、『あるものをいかす』という明確なコンセプトが掲げられました。

当社はこの『あるものをいかす』というコンセプトが、前述の『4つの価値観』と非常に近く、親和性が高いものであると感じ、また同じ飛騨地域の仲間としてDNNAの目指す「21世紀型の持続可能なまちづくり」にも深く共感したことから、共同プロジェクトとして取り組むことを決定。当社の『100周年記念事業』の第五弾として位置付け、この度の開業日に向けてコラボレーションを推進して来たものです。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件