物流のクローズドループ管理で接触リスクを低減 黒竜江省黒河市

news

【新華社黒河1月15日】中国黒竜江省黒河市ではこのところ、新型コロナウイルスの新規感染者増を受け、市外からの車両と人に対しクローズドループ管理を実施している。高速道路の黒河料金所ゲートでは、監視員が市内に入る車両と搭乗者を厳しく管理し、警察官が車両・人員の情報を登録した上で紙を貼ってドアを封印。車両が貨物ステーションに到着すると、物資の積み降ろしは専門の作業員が担当し、運転手はその間、車内にとどまることで接触リスクを低減している。作業が終わると、車は来た道をそのまま引き返し、警察官によってドアの封印に破れなどがないことが確認された後、通行を許可される。(記者/劉赫垚)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件