ジャニーズがタレントの安売りを開始!テレビ業界との力係が逆転してきた理由とは?

news

昨年大晦日の紅白歌合戦を巡る「嵐の司会・大トリ拒否事件」がきっかけで、テレビ業界でのジャニーズに対する風当たりが強くなっているといいます。その急先鋒はもちろんNHKですが、コロナショックもあってジャニーズの影響力は急激に低下しているようで…

※何が本当なんだか…

[以下引用]
「嵐は中継のみの出番となりましたが、既報の通り、司会や大トリを断られたことにNHKが不快感を覚えたのは間違いない。Snow Manの穴を埋めるのもかなり苦慮していましたし、長年放送されている『ザ少年倶楽部プレミアム』というジャニーズ番組も、受信料増に貢献しているわけでもないですからね。局内ではもう、ジャニーズを特別扱いする必要はないとの強硬論が出ています。稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の『新しい地図』も復権してきていますから、蜜月係は薄れてくるのではないか」(業界係者)

2020年は嵐を盾に強気を押し通してきたジャニーズだが、今年に入り対応が変わってきているという。

「コロナ禍やテレビ離れで、番組の制作費は削られる一方なのですが、ジャニーズサイドは『ギャラは相談に乗りますから』との提案があり、激安価格にも応じる構えのようです。あまり知られていないことですが、ジャニーズタレントの出演料で高いのは、嵐メンバーを除けば木村拓哉くらい。Hye!Say!JUMP、Sexy Zone、King&Princeといった若手はグループで、バラエティのゲストなどで出演したとしても数万円が相場。いまジャニーズものまねでブレイク中のA.B.C-Z・河合郁人は、雑誌の出演料レベルといわれています。それがさらに安くなるというなら、テレビ局にとってはありがたいことこの上ない。昨年、ジャニーズは所属グループ総出で配信した有料オンラインコンサートで100億円売り上げたと言われていて、もはやテレビはプロモーションと割り切っているようですね」(テレビ局係者)

激安戦略で今年もジャニーズタレントがテレビを席巻するのか?
[日刊サイゾー]

若手ジャニーズグループの出演料相場が数万円?

どこまで本当かは怪しいところですが、確かにジャニタレのギャラは一部のトップタレントを除くと「他の芸能人と比べて安い」というのは聞いたことがあります。

ただ、ジャニーズの看板を背負っていても、フロントメンバー以外は一般知名度が低いのは珍しくないですし、相応のギャラとも言えますが。

[スポンサーリンク]

昨年はコロナの影響でコンサート開催ができませんでしたが、代わりに配信したオンラインライブでボロ儲けしましたよね。

一部報道によると、アラフェスと大晦日ライブだけで数百音円以上も稼いだとも言われていますが、このことで「アイドル稼業の本当の旨味」がどこにあるのか、事務所上層部の方々が再認識したのでは?

そもそも、ジャニーズのライバルと言われるアチラの国々のグループは、メンバーが日本のドラマやバラエティに出演してるわけでもないのに、人気面でも集客面でも、もちろん収益面でも、中堅ジャニーズでは太刀打ちできないほどの成果を出しています。

そう考えると、アイドルにとってテレビ出演は”本業”ではなくあくまでも”副業”であって、ビジネスと見れば決して割の良いものではないようにも感じます。

だって、主演ドラマや冠バラエティで視聴率が悪ければ叩かれ、一生懸命にキャスティングすればゴリ押しだと批判されるわけですから。

テレビ露出を増やすことは、ファンを増やすのと同時にアンチも増やしてるのは明らかで、ジャニーズ事務所のイメージ悪化の原因にもなっている…

っていうのは、言い過ぎ?

それに、ジャニタレにとって成功のバロメーターが”テレビでどれだけ売れてるか”になってしまうと、どうしてもメンバー間の序列ができてしまい、不平不満や軋轢、脱退などにつながってしまうような気も。

とにかく、このままアイドルを芸人さんや安っぽいタレントみたくテレビで売り出しても、あまり良いことはないと思います。

テレビ局に媚びて一般知名度を獲りに行くよりも、動画配信を使ってコアなファンを増やす努力をしたほうが、ジャニーズの将来的にもベターなんじゃないですか、タッキー!

※元Jr.が明かすジャニーズの給与形態

信憑性は…→ geinou ranking

信憑性は…→ geinou ranking

※アイドルのテレビタレント化には良い顔をしてなかったとか。

※ジャニーズの最新情報はこちらでどうぞ。

■皆様の応援が励みになります! ぜひ、1クリックを…

スポンサーリンク

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件