中国の「小巨人」企業は1800社以上―中国メディア

news

中国工業・情報化部はこのほど、専門化、精細化、特色化、斬新化の特徴を備えた「小巨人企業リスト」の第2弾となる1584社を発表した。同部はこれまでに国家レベルの「小巨人企業」1832社を育成しており、優良企業を段階的に育成するシステムがほぼ形成されている。

「小巨人」企業とは、専門化、精細化、特色化、斬新化の特徴を備えた中小企業の中でも特に優れた企業、細分化された市場に集中的に取り組み、イノベーション能力と市場シェアが高く、キーとなるコア技術を確立し、質と効率がともに優れたリーディング企業をいう。

同部関係責任者は、「現在、『小巨人企業』の研究開発(R&D)経費が売上高に占める割合の平均は6.4%、特許保有件数は平均49.6件、このうち発明特許は平均11.8件、その製品が中国国内の産業の空白を埋めた企業は160数社に達した」と説明した。(提供/人民網日本語版・編集/KS)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件