四川蜂桶寨国家級自然保護区でヒョウの姿を初撮影

news

四川蜂桶寨国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(2020年4月29日撮影、雅安=新華社配信)

【新華社雅安1月21日】中国四川省雅安市宝興県にある四川蜂桶寨国家級自然保護区で18日、赤外線カメラの撮影データの中から、国家1級重点保護野生動物に指定されているヒョウの貴重な映像が見つかった。

四川蜂桶寨国家級自然保護区の赤外線カメラが捉えたヒョウの姿。(2020年4月29日撮影、雅安=新華社配信)

映像は昨年4月29日に同保護区の鄧池溝エリアで撮影された。がっしりした体つきのヒョウが現れ、力強い足取りで竹林の中を歩き去る様子を捉えている。(記者/張超群)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件