KYOJO CUP、2021年シーズンの参戦ドライバー合同オーディションを開催

sport

女性ドライバーのみで争われるプロレースシリーズ『KYOJO CUP』は、2021年に新規参戦するドライバーとチームを繋げる、合同オーディションを2月22日に実施する。

元レーシングドライバーである関谷正徳氏がプロデュースし、2017年から始まったKYOJO CUP。開催4年目を迎えた2020年シーズンは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によるスケジュール変更で、最終戦となる第4大会が年をまたいだ1月30日までずれ込んでいる。

ここで決まるシリーズチャンピオンには、文部科学大臣賞が授与される。スポーツ庁が「運転技術の競い合いを、スポーツとしてまっすぐに取り組む女性たちの闘いの場」というテーマを掲げるKYOJO CUPを後援する形だ。

最終戦を前に、ポイントリーダーに立つのは三浦愛。ランキング2番手で開幕戦ウイナーの翁長実希に対して16ポイントのリードを築いている。

KYOJO CUPは5年目となる2021年シーズンに向け、よりハイレベルなレースシリーズに発展させていくべく、初の合同オーディションを実施し新たな参戦選手とチームを迎え入れることを決定した。

オーディションは2月22日、富士スピードウェイで行なわれる。参加できるドライバーは、JAF国内Aライセンス所持または取得予定の女性ドライバーで、年齢は不問。オーディションの内容は、書類審査を経て実技審査が行なわれるとしている。

応募締切は2月11日。参加を希望する選手とチームは、KYOJO CUP事務局に応募・問い合わせてほしい。

Read Also:

  • ホンダ、オンラインイベント『Honda Motorcycle Fes 2021』を2月20日公開
  • D'station RacingがTFスポーツと提携しWEC参戦。ヴァンテージでGTEアマを戦う
  • KYOJO CUP第3戦は猪爪杏奈が初優勝。三浦愛がシリーズをリードし最終戦へ
  • 女性最速を決めるKYOJO CUPの2020年シーズン王者に文部科学大臣賞授与が決定
  • LM corsaが2021年のGT300参戦体制発表。GRスープラにマシンをスイッチ

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件