中国のネット利用者、9億8900万人に CNNIC報告

news

中国内モンゴル自治区シリンゴル盟ソニド左旗にあるパオの中で、インターネットテレビを楽しむモンゴル族の遊牧民。(2020年4月9日撮影、シリンゴル=新華社記者/彭源)

【新華社北京2月3日】中国インターネット情報センター(CNNIC)は3日、第47回中国インターネット発展状況統計報告を発表した。報告によると、昨年12月現在、中国のインターネット利用者数は9億8900万人、スマートフォンによるネット利用者数は9億8600万人で、インターネット普及率は70・4%に達した。

世代別では40歳以下が全体の半数以上を占め、中でも学生が全体の21・0%と最も多かった。

中国のインスタントメッセージ(IM)利用者数は9億8100万人で、ネットショッピング利用者数は7億8200万人、ショート動画利用者数は8億7300万人だった。ライブ配信による電子商取引(EC)は現在、最も人気のあるショッピング形態となっており、ユーザーの66・2%がライブコマースで商品を購入した経験があった。

報告はまた、中国人民銀行(中央銀行)が発行するデジタル人民元が、広東省深圳市、江蘇省蘇州市などの都市で実証実験を始めていることを明らかにした。

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件