ブリトーとはどんなメキシコ料理?歴史やタコスとの違いを解説!

food

メキシコ料理のブリトーとは

よく耳にするブリトーとは一体どんな料理なのか。まずはブリトーとはどんなものか、基本的な情報をここで紹介していこう。

ブリトーとはメキシコで食べられている料理!

ブリトーは主にアメリカ南部、メキシコで食べられている料理だ。メキシコのチワワ州にあるシウダーファレス辺りが発祥地とされている。薄いパンのような生地で具材をくるっとラップする食べものである。生地は小麦粉を原料としており、最近は日本でもコンビニで購入できる商品も増えている。

ブリトーとは小さなロバの意味

ブリトーはもともとスペイン語由来の言葉で、スペインではブリトーはブーロの意味。ブーロは小さな者やロバを表す言葉である。正確な発音はブリートだ。メキシコで細く巻かれたブリトーがロバの耳のようだから、またロバの背中に乗せている荷物や毛布のようだからとついた理由は諸説あるといわれている。

ブリトーの食材とは?

よく食べられているブリトーの具材は、チーズ、アボカド、肉、ミックスビーンズなど。そこにサルサソースをかけて食べるのが一般的である。

ブリトーとトルティーヤやタコスとの違いとは

ブリトーのように具材をくるんで食べる料理はほかにもある。ブリトーはタコスやトルティーヤといった料理とは、どのように違うのだろうか。実は同じだと思っていたという人もいるかもしれない。そこでここではブリトーがタコス、トルティーヤとはどのように違うのかなどをまとめていく。

ブリトーとトルティーヤの違いとは

ブリトーが薄い生地に具材を巻いて食べるのに対し、トルティーヤとは具材をくるむ生地名のことを指すのだ。またトルティーヤは本来とうもろこしを原料に作るのだが生地が固い。そのため、ブリトーで使用する生地には柔らかさを出すために小麦粉を使うことが多いのだ。

ブリトーとタコスの違いとは

ブリトーはトルティーヤ生地にのせた具材を、くるっと巻いたのがブリトー。対してタコスはトルティーヤ生地に具材をのせ、それを巻かずに二つ折りにしたものを指す。

国によるブリトーの違いとは

メキシコが発祥とされているブリトーは、隣接しているアメリカに入ったことでオリジナリティーが出されたという。それではメキシコのブリトーとはどんなもので、アメリカのブリトーとはどんなものなのか。ここでは国による違いとは?をテーマにし、詳細を調べていこう。

メキシコのブリトーとは細巻き

メキシコのブリトーは、具材を包んだトルティーヤ生地を、細く巻くことが主流だ。対してアメリカのブリトーとは、太く中に具材がたくさん入っている。メキシコからアメリカへブリトーが入った際にアメリカのオリジナリティーが反映されたといわれている。

セブンイレブンのブリトーが人気

日本でブリトーを食べたいと思ったとき、気軽に手に入るのがセブンイレブンのブリトーだ。セブンイレブンのブリトーは種類も多く、子どもから大人まで人気の商品である。ハムチーズやグリーンカレーなどの味も発売している。好みの味を楽しみたい。

ここではブリトーとはどんなものなのかを解説し、メキシコ発祥でありながらアメリカにわたりオリジナル性が出されたことにも触れてきた。最近ではブリトーはセブンイレブンでも購入でき、手軽に食べることもできる。ぜひ気になる人はブリトーを試してみよう。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件