日高屋の冷凍餃子は圧倒的なコスパ?魅力や美味しい焼き方を紹介!

food

日高屋の冷凍餃子の魅力

自宅で日高屋自慢の美味しい餃子を味わえる

当然といえば当然かもしれないが、日高屋の冷凍餃子は、店で提供される餃子を冷凍したものなので、店で食べるのと同じ美味しさを味わうことができる。ちなみに、日高屋の餃子は、厳選された小麦粉を使用して作られたもちもちの皮と、国産のキャベツやニラ、肉汁たっぷりの質のよい豚肉などがふんだんに使われていて満足できる一品に仕上がっている。

いつでも熱々できたての状態を楽しめる

冷凍されているので冷凍庫にストックしておけば、食べたいときに熱々のできたての状態の餃子を楽しむことができる。日高屋の店で提供されている餃子もテイクアウトすることができるが、自宅に持ち帰るまでに、どうしても冷めてしまう。

店で食べるよりお得

日高屋の冷凍餃子は、30個入り税込600円で、店で提供される餃子6個税込230円(2021年1月現在)よりもお得になる。

日高屋の冷凍餃子の購入方法

日高屋の冷凍餃子を購入するには、テイクアウトで注文する方法と通販を利用する方法がある。さらにテイクアウトで注文する方法は、直接店で注文する、事前に電話で注文しておく、テイクアウト予約サイトを利用するという3通りの方法がある。

直接店で注文する

直接店に出向いて注文する、イートインする際に注文するなどの方法がある。

事前に電話で注文しておく

あらかじめ店に到着する時刻を告げておくと、そのタイミングですぐに受け取ることができるだろう。

テイクアウト予約サイトを利用する

ネットのテイクアウト予約サイトを利用して注文すると、お得な割引サービスを受けることができる場合もある。

通販を利用する方法

日高屋は、関東圏エリアにしか出店していないため、それ以外の地域に住む人は、テイクアウトは困難になる。しかし、通販を利用すると、全国どこからでも購入できる。ちなみに、日高屋は、通販大手の楽天市場に出店していて、そこで購入できる。ただし、通販を利用する場合は、送料が必要になるので、その点はどうしても割高になってしまう。

日高屋の冷凍餃子の焼き方

日高屋の冷凍餃子は、冷凍のまま焼くことができる。焼き方については、パッケージに記載されているので、その内容に従って焼けば、美味しく焼くことができる。焼き方の手順は、以下の通りだ。

  • フライパンの表面に少量の油をなじませた後、加熱し、中火にする
  • 冷凍餃子を冷凍のままフライパンに並べる
  • 200mlのお湯を注いだ後、ふたをして、そのまま水分がなくなるまで、5分程度中火で蒸し焼きにする
  • ふたを外し、水分がなくなったのを確認できたら、各餃子の表面に少量の油をたらす
  • 弱火にし、2~3分を目安に、表面に焦げ目がつくまで焼く
  • 焦げ目がついたら火を止め、皿をフライパンにかぶせ、ひっくり返したらできあがり。

添付のタレをかけ、熱々のうちに召し上がれ。

手頃な価格で中華を楽しめる日高屋の冷凍餃子の魅力について紹介した。日高屋の冷凍餃子をまだ食べたことがない人は、これを機に、日高屋の店で食べるのと同じ、できたて熱々の状態の餃子を、楽しんでみてはいかがだろう。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件