居酒屋メニューのキング・オブ・キングス「牛すじ煮込み」!牛丼アレンジで家族みんな大喜び!

lifestyle

たっぷり作ろう!牛すじ煮込み

お酒のアテに、ご飯のおかずに大人気な牛すじ煮込み。我が家でも一二を争う大人気メニューです。主役の牛すじはもちろん、その旨味を吸った大根、こんにゃくがまたまた美味!いつも鍋いっぱいにたっぷり作って楽しんでいます。

また牛すじ煮込みを作ると、必ず作るアレンジメニューがいくつかあって…。今回はそんなおすすめアレンジも含めて紹介します!

材料(作りやすい分量)

・牛すじ…400g

・ネギの青い部分…1本分

・しょうが…1かけ

・大根…200g

・こんにゃく…200g

・酒…大さじ3

・砂糖…大さじ3

・みりん…大さじ3

・しょうゆ…大さじ6

作り方

① しょうがは、皮付きのまま厚めにスライスしておきます。大根は皮を厚めにむき、1cm厚さのいちょう切りにしておきます。こんにゃくは、1cm厚さに切り、2cm角の色紙切りにし、熱湯でさっと茹でておきます。

② 鍋にたっぷり湯を沸かし、牛すじを入れ、全体の色が変わるまでさっと茹でます。

③ ザルにあげ、流水で洗いながら汚れなどをきれいに落とします。食べやすく切り、特に固い部分は火が入りやすいよう小さく切っておきましょう。

④ 圧力鍋に③、しょうが、ねぎ、酒、みりん、牛すじがかぶるほどの水を入れ、沸とうさせます。

⑤ アクが出てくるので、アクがでなくなるまで丁寧にとっておきます。

⑥ 大根、こんにゃく、しょうゆを入れ、軽く煮立て、アクが出れば取り除きます。圧力鍋の蓋をして、圧がかかったら約5分。火を止め、そのまま圧が下がるまで置いておきます。

圧力鍋がない場合は、鍋で牛すじがやわらかくなるまで煮ましょう。また、脂が気になる方は、十分に冷めるまでおき、鍋に浮いた真っ白な脂を取り除いてください。

青ネギ、一味唐辛子をかけて召し上がれ。

牛すじ牛丼

牛すじ煮込みを作ると、翌日のお昼ご飯に家族から必ずリクエストされるのが、この牛丼。

準備するのは、玉ねぎの薄切りだけ。調味料は使わず、味付けは牛すじ煮込みの煮汁で仕上げます。とろっとろに煮えた牛すじがたまらない、食べ応え十分な牛丼です。たっぷりの紅生姜とどうぞ。

材料と作り方(1人分)

① 玉ねぎ1/8個は、薄切りにしておきます。

② フライパンにサラダ油、もしくは牛すじ煮込みで浮いて来た牛脂を熱し、玉ねぎを炒めます。

③ 牛すじ煮込みと煮汁を入れ、好みの味加減に煮詰めます。ご飯にかけて、紅生姜を添えて召し上がれ。

牛すじ豆腐

甘辛味の煮込みを、ふわふわのお豆腐と。牛すじと大根の旨味エキスがこれでもか!と滲み出たスープであたためたお豆腐のおいしさといったらありません。

お豆腐はあえて大きなままで。お箸でくずしながら、煮汁をからめて食べるのが、おすすめ!日本酒に焼酎、ワインだってススムこと間違いなしの王道おつまみです。

材料と作り方(1人分)

① お豆腐は半丁を鍋に入れます。

② 牛すじ煮込みを1人分、煮汁ごと鍋に入れ、弱火でゆっくり焦がさないようにあたためます。

③ お豆腐のなかまであたたまったらできあがり。白ネギをのせて召し上がれ。

牛すじ煮込みを使ったアレンジメニューは、この他にも様々あって…。牛すじ煮込みに、干し椎茸や牛蒡、人参を足して作る「牛すじ炊き込みご飯」もおいしいし、カレーうどんに牛すじ煮込みをプラスした「牛すじカレーうどん」も最高です。

シンプルにそのままはもちろん、アレンジしてもおいしい、牛すじ煮込み。良かったらぜひ作ってみてくださいね。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件