【高校受験2021】徳島県公立高入試の志願状況(3/1時点)徳島北(国際英語)1.08倍

lifestyle

 2021年度の徳島県公立高等学校一般選抜は、2月25日・26日に願書を受け付けた。志願倍率は、全日制課程は1.0倍、定時制課程は0.48倍。全日制課程のうち、もっとも志願倍率が高かったのは城西(植物活用)1.28倍、ついで徳島科学技術(電気技術類)1.24倍、徳島科学技術(総合科学類)1.23倍。

 そのほか、各学校の倍率は徳島市立(普通)1.04倍、徳島市立(理数)0.98倍、徳島北(普通)1.03倍、徳島北(国際英語)1.08倍、城南(普通)1.00倍、城南(応用数理)0.93倍、城東(普通)1.02倍、富岡東(普通)1.05倍など。志願者がもっとも多かったのは、鳴門(普通)269人で倍率は1.06倍。

 一般選抜はこのあと、志願変更を3月2日から4日まで受け付ける。学力検査は3月9日、面接などを3月10日に実施する。一般選抜結果は3月17日に通知する。追検査・追面接は3月11日に実施される。また、特色選抜・連携型選抜の結果を2月13日に通知している。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件