20~70代の貯蓄動向「俺たちフツー以上?以下?」

news

KristijanZontar/shutterstock.com

コロナ禍で迎える2度目の春。

お金のこと、仕事のこと。わたしたちすべての世代にとって、将来の見通しが立ちにくい状態はまだしばらく続きそうですね。

そして、終身雇用・年功序列の制度が崩れつつあるといわれる今も、日本では年齢とともに貯蓄額や収入が増える傾向がみられます。

お金の話は、親しい友人同士でも話題に出しにくいもの。

「我が家は貯めている方なのか?」「俺って同世代の平均以下かも…?」なんてモヤっとした気持ちを封印している人もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は「20~70代の貯蓄動向」と題して、各世代のみなさんが、どのような方法で、どのくらいお金を貯めているのかについて眺めていきます。

そもそも貯蓄額って?

貯蓄と聞くと金融機関への預貯金をイメージする人も多いかもしれませんね。実は、預貯金以外の保険や有価証券といった金融資産も「貯蓄額」に含まれます。

総務省の「用語の説明」によると、貯蓄とは、

ゆうちょ銀行,郵便貯金簡易生命保険管理・郵便局ネットワーク支援機構,銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金,生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式,債券,投資信託,金銭信託等の有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価,債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と,社内預金,勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいう。なお,貯蓄は世帯全体の貯蓄であり,また,個人営業世帯などの貯蓄には家計用のほか事業用も含める。

となっています。

  • 3
  • 4

参考記事

ニュースレター

執筆者

年代別にみる「貯蓄と負債」の平均額

ここからは、総務省の「家計調査報告(貯蓄・負債編)2019年(令和元年)平均結果(二人以上の世帯のうち勤労者世帯)」の調査結果をもとに、二人以上勤労者世帯の年代別貯蓄額についてご紹介していきます。

「若者代表!」20代以下の平均貯蓄額

20代以下の平均貯蓄額は357万円、平均負債額は885万円です。

全世代で一番貯蓄額が少ないのが20代以下です。

貯蓄額の内訳は以下のようになっています。

  • 通貨性預金・・・180万円
  • 定期性預金・・・55万円
  • 生命保険など・・・92万円
  • 有価証券・・・17万円
  • 金融機関外・・・12万円

※総務省の「用語の説明」によると、通貨性預金とは普通預金や当座預金、通知預金など出し入れの自由な預金です。一方、定期性預金とは、定期預金や積立定期預金、定期積金など一定期間預け入れておくものを指します。

「はたらき盛り」30代の平均貯蓄額

30代の平均貯蓄額は721万円、平均負債額は1417万円です。

住宅ローンを組む人が多いこともあって、全世代で一番負債額が高くなっています。

貯蓄額の内訳は以下の通りです。20代以下に比べると全体的に金額が上がっていますが、とくに通貨性預金が大きくアップしています。

  • 通貨性預金・・・357万円
  • 定期性預金・・・147万円
  • 生命保険など・・・131万円
  • 有価証券・・・56万円
  • 金融機関外・・・31万円

「就職氷河期」40代の平均貯蓄額

40代の平均貯蓄額は1057万円、平均負債額は1120万円です。

30代よりも負債額が減り、貯蓄額は1000万円を超えています。

貯蓄額の内訳は以下の通りです。通貨性預金は30代とさほど変わりませんが、定期性預金が大きく増加していますね。

  • 通貨性預金・・・389万円
  • 定期性預金・・・278万円
  • 生命保険など・・・225万円
  • 有価証券・・・102万円
  • 金融機関外・・・62万円

「定年前のラストスパート」50代の平均貯蓄額

50代の平均貯蓄額は1728万円、平均負債額は661万円です。

50代になると負債額よりも貯蓄額が上回り、安定感が出てきます。

50代貯蓄額の内訳は以下の通りです。

  • 通貨性預金・・・441万円
  • 定期性預金・・・581万円
  • 生命保険など・・・420万円
  • 有価証券・・・185万円
  • 金融機関外・・・100万円

「還暦定年」60代の平均貯蓄額

60代の平均貯蓄額は2135万円、平均負債額は229万円です。

定年退職金としてまとまった収入がある人も多い年代なのか、貯蓄額が負債額を大幅に超過しています。

60代の貯蓄額の内訳は以下の通りです。

  • 通貨性預金・・・546万円
  • 定期性預金・・・783万円
  • 生命保険など・・・459万円
  • 有価証券・・・301万円
  • 金融機関外・・・47万円

「もはや老後ではない!?」70代以上の平均貯蓄額

70代以上の平均貯蓄額は1912万円、平均負債額は68万円です。

70代になっても就労やボランティア活動などで社会と接点を持ち続ける人は増えています。

貯蓄額は60代よりも貯蓄額は目減りしており、生活のために貯蓄を取り崩すフェーズに貼っている状況もうかがえる結果となりました。

70代以上の貯蓄額の内訳は以下の通りです。

  • 通貨性預金・・・591万円
  • 定期性預金・・・882万円
  • 生命保険など・・・295万円
  • 有価証券・・・144万円
  • 金融機関外・・・0円

20代~70代「貯蓄の中身」はどう変わる?

ここまで述べてきた貯蓄額の中身(=内訳)は、年代を追うごとにどう変わるのでしょうか。その推移をご覧ください。

総務省「家計調査報告(貯蓄・負債編)」をもとに、編集部にて作成

年代が上がるとともに「通貨性預金」が増えています。40代以降では定期性預金が大きく伸びをみせていますね。また、「有価証券」や「生命保険」は60代にピークを迎えています。

全世代に共通する特徴として、「通貨性預金」や「定期性預金」の比率が高く、「有価証券」の比率がさほど高くない点が挙げられます。投資でお金を育てることに抵抗がある日本人は、依然として少なくないと考えることができるでしょう。

20代~70代「みんなの課題」としての資産運用

「20代~70代」世代ごとに、貯蓄や負債額、そして「貯蓄の中身」の平均がどのように変化していくかをみていきました。

今回ご紹介した平均額は、一部の富裕層や高所得層によって引き上げられるものですので、あくまでも目安としてご参考にしていただければと思います。

長期化するコロナ禍。収入減やボーナスカット、失業・転職など、仕事とお金を取り巻く環境が激変する今、改めてお金に本気で向き合うことになったという人も多いはず。

金融機関に漠然とお金を預けても、ひところのように利息でトクができる時代ではありません。

そんな今こそ、「お金に働いてもらう」資産運用という発想を持ち始めてもよい時期が来ているともいえそうです。

資産運用ビギナーであれば、「iDeCo」や「つみたてNISA」といった国の税制優遇制度の活用を検討してみてもよいでしょう。

「お金を貯めて増やす」にはコツが必要です。

とはいえ、「金融商品ってたくさんありすぎてどれを選べばいいのか分からない」「お金の話って難しい言葉だらけでわかりにくい」などの理由でなかなか一歩踏み込めずにいらっしゃる方も多いかと思います。

そんな場合は経験豊富な「お金のプロ」のアドバイスを受けてみるのも手でしょう。あなたの年齢・家族構成・ライフスタイルなどにピッタリあったオーダーメイドの「お金の育て方」と出会うきっかけになるかもしれません。

【ご参考】貯蓄とは

総務省の「家計調査報告」[貯蓄・負債編]によると、貯蓄とは、ゆうちょ銀行、郵便貯金・簡易生命保険管理機構(旧郵政公社)、銀行及びその他の金融機関(普通銀行等)への預貯金、生命保険及び積立型損害保険の掛金(加入してからの掛金の払込総額)並びに株式、債券、投資信託、金銭信託などの有価証券(株式及び投資信託については調査時点の時価、債券及び貸付信託・金銭信託については額面)といった金融機関への貯蓄と、社内預金、勤め先の共済組合などの金融機関外への貯蓄の合計をいいます。

【参考】

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件