ワンウェイ方式カーシェアによる次世代モビリティ オリックス自動車が実証実験を開始

car

オリックス自動車は、スマートシティを掲げる福島県会津若松市で、ワンウェイ(乗り捨て)方式カーシェアリングサービスの実証実験を開始したと発表した。

ワンウェイ方式カーシェアリングは、借受場所とは違う目的地で車両を乗り捨て(返却)可能なサービス。これまでのラウンドトリップ方式と比べ、利用者の利便性が高まる。

今回の実証実験では、会津若松市にあるICT(情報通信技術)オフィスビル「スマートシティAiCT(アイクト)」内と郡山駅周辺に計8台分の専用駐車場を設置し、車両を4台配備する。他都市との往来が発生するAiCT入居企業からは「AiCTと郡山駅間の柔軟な移動手段を確保したい」というニーズが顕在化しており、ワンウェイ方式カーシェアが公共交通機関の補完となり、移動に関する課題解決となるかを検証する。さらに車両には、三井住友海上火災保険が実験用に提供する専用ドライブレコーダーを搭載。走行する道路の画像データを収集し、AIによる画像分析技術により、道路の損傷箇所を適時に検知する実証実験もあわせて実施する。

会津若松市は「スマートシティ会津若松」を掲げ、国や企業などと連携してICT関連事業や環境技術などを活用したまちづくりに取り組んでいる。オリックス自動車は、2020年9月よりAiCTに入居し、会津若松市役所に「市民共有型公用車」を設置するなど、モビリティの有効的な利活用を推進。今後は、AiCT入居企業との協業や、スマートシティの都市データとの連携などデジタル技術の活用などにより、カーシェアリングサービスをさらに進化させることで、地方都市が抱える移動に関する課題の解決を目指す。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件