マセラティ 3代目ギブリとモデルチェンジ前の違いはどこにある?

car

2021年2月現在、市場で販売されているのはマセラティ 3代目ギブリ(MG30C/MG30D/MG30A/MG30AA型)です。初代、2代目、3代目の違いはどこにあるのでしょうか?この記事では、イタリア老舗スポーツカーメーカーであるマセラティが生み出した伝統モデルであるマセラティ ギブリの歴史を振り返ります。それぞれの世代のモデルと比較し、現行車種である3代目ギブリとの違いを確認していきましょう。

マセラティ 初代ギブリはスーパーカー!

1966年にマセラティ 初代ギブリは産声をあげました。全長4,690mm×全幅1,800㎜×全高1,160㎜で、フロントに4.7LのV8エンジンを搭載した初代ギブリは最高速度266km/hを誇り、ファンを魅了した2シーターのクーペでした。

初代ギブリの最大の特徴はロングノーズでファストバックスタイルの外観です。イタリアの天才デザイナーであるジョルジェット・ジウジアーロ氏がデザインしたことで知られており、フェラーリ デイトナやランボルギーニ ミウラと同様にスーパーカーブームの火付け役となりました。

初代ギブリは誰もが憧れたスーパーカーで、圧倒的な走りが魅力の1台ですが、インテリア(内装)にもこだわりがありました。全てがレザーで覆われたシートは乗る人を包み込み、ラグジュアリー感を演出。乗る人全てに幸福感を与える1台だったといえるでしょう。

マセラティ 2代目ギブリのモデルはギブリじゃない?

マセラティ 2代目ギブリは1992年に誕生した4人乗りの2ドアクーペです。全長4,210mm×全幅1,770㎜×全高1,310㎜であり、ギブリⅡの愛称で親しまれました。フロントに2.8LのV6エンジンを搭載し、ノッチバックスタイルを採用したため、初代ギブリとは見た目も大きく異なります。

2代目ギブリはギブリの名前を継承していますが、モデルとなったのはマセラティ ビトゥルボだと言われています。デザインを手がけたのは、ジョルジェット・ジウジアーロ氏と共に世界を代表するカーデザイナーといわれるマルチェロ・ガンディイーニ氏です。

2代目ギブリはインテリアにレザーやウッドトリムが多用されており、高級感あふれる作りとなっています。特徴的なのは、インパネ中央部に設置されたマセラティクロックです。シンプルなアナログ時計ですが、盤面にマセラティのシンボルであるトライデントが刻まれています。

マセラティ 3代目ギブリは走りと快適性を兼ねそろえている!

2013年に登場したのが現行モデルであるマセラティ 3代目ギブリです。全長4,985mm×全幅1,945㎜×全高1,485㎜の5人乗りスポーツセダンに進化を遂げています。サイズはギブリ史上最大であり、エクステリア(外装)、インテリア共にエレガントさが全面に出た1台に仕上がっています。

3代目ギブリはフロントに3.0LのV6エンジンが採用されています。エンジンはガソリン仕様とディーゼル仕様の2種類から選択可能です。ディーゼルエンジンはマセラティ史上初めて採用されたことで話題となりました。

3代目ギブリはマセラティらしい走行性能と車内の快適性の両立を目指して開発されました。最上位モデルである「ギブリ S Q4」には302kW(410ps)のV6ガソリンエンジンが搭載されています。

0から100km/hまでわずか4.9秒で到達し、最高速は286km/hという驚異的なパフォーマンスを発揮します。一方で、車内のインテリアにも上質なレザーシートやウッドトリムが採用され、乗る人全てに優越感を与える1台です。

マセラティ 3代目ギブリには最新機能も追加!

マセラティ 3代目ギブリは最新のテクノロジーが満載です。インパネ中央部に設置された8.4インチのマセラティ・タッチ・コントロール・プラスは、スマホとの連動が可能となっており、いつでも最新の情報にアクセスできます。もちろん現在は必須である先進運転支援システムも完備。ロングドライブでも運転手に大きな安心を与えてくれます。

走行性能では電子制御ダンパーを採用しています。道路状況に合わせてダンパーの減衰力を電子制御し、サスペンションの設定を最適化することが可能です。スポーツモードに切り替えることにより、ダンパーを硬くすることができ、ハードな乗り心地を求める人のニーズにも対応しています。

歴代のマセラティ ギブリを振り返ってきました。常に時代の最先端を走り続けてきたマセラティ ギブリは今後も時代と共に進化していくでしょう。ぜひ現代の最先端をいくマセラティ 3代目ギブリの走り心地を体験してみてください。

※ 2021年2月現在

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件