これが『5ドア版ジムニー』なのか!? ロングボディの開発車両をスクープ

car

2018年の発売ながら未だ納車待ちが続くという大人気のスズキ『ジムニー』。5ドアモデルの追加もささやかれている中、スクープサイト「Spyder7」のカメラが“ロングボディ”の開発車両の姿を南ヨーロッパで捉えることに成功した。果たしてこのクルマの正体は?

南ヨーロッパで捉えたこの車両は、ゼブラ柄でボディをカモフラージュ。オーバーフェンダーが見えることからも、海外仕様のジムニー(日本ではジムニーシエラ)をベースとしていることがわかる。リヤには謎の「981」ステッカーを貼り、リヤマウントスペアタイヤを装着していることが確認できる。

フロントドアこそベースモデルとほぼ同じ長さに見えるが、リヤクォーターパネルとサイドウィンドウは明らかに長く、全長3550mmのシエラより延長されていることは確実だ。スクープ班では、ついに噂の5ドアモデルの開発車両かと色めき立ったが、よく見ると後部にドアはなく、3ドアであることがわかる。

カメラマンによると後部座席は撤去されており、このままロングバージョンとして発売されるのか、派生ピックアップトラックや、5ドアモデルへのテストミュールなのか、最終的な市販モデルの姿は不明だが、後部座席の居住空間や貨物エリアが拡大し、使い勝手がアップすることは間違いない。

ロングバージョン/5ドアのパワートレインは、シエラの1.5リットル直列4気筒エンジンを流用し、最高出力102ps、最大トルク130Nを発揮すると予想されるが、ハイブリッドやターボチャージャーを搭載するとも噂されている。

5ドアバージョンのジムニーが実現するとすれば、日本から輸入したキットを用いてインドで製造されると予想されている。

((

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

)))

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件