高橋真麻、両親がラブラブで「今から妹か弟ができてもおかしくない」

lifestyle

フリーアナウンサーの高橋真麻、お笑いコンビ・霜降り明星(せいや、粗品)が18日、都内にて開催された『ブルドックソース新商品「Jソース」発表会』に出演した。

イベントでは、高橋と霜降り明星の2人が、ステーキ、じゃがバター、餃子などと一緒に新商品のソースを味わい、相性を確かめる企画が行われた。その流れで、「ご両親の相性はどうですか?」と尋ねられると、高橋は、「今でもラブラブで、カップルみたいで、私、今から妹か弟ができてもおかしくないと思っています」と声を弾ませた。

また、高橋とせいやの共通点が話題にあがると、せいやは「お父さん」とポツリ。せいやの思わぬ“隠し子ボケ”に高橋は「あれ、知らなかった」と驚いていたが、霜降り明星の2人はさらに、「言うなよ。英樹さん、おモテになったんだから」、「隠し子を……」などとトークを膨らませ、会場の笑いを誘った。

2人との共演の感想を質問された高橋は、「今までは、バラエティでご一緒するタレントさんは自分よりも年上の方が多くて、わりと強めのツッコミを受けるタイプだったのですけど、最近、いわゆる第7世代などお若い方で、私の方が年上になってしまったので」と告げ、「(霜降り明星との共演についても)ちょっと大丈夫かなと思っちゃったんですけど、楽しくやらせて頂きましたし、また次回お目にかかったときは『もっと強めに突っ込んで頂いても大丈夫ですよ』ということをお伝えしたいなと思いました」と続けた。

高橋の言葉を聞き、せいやは「もっと言っていんですか? ホンマですか?」、「“僕もお父様の隠し子なんです”とか言ったつもりだったんですけど、もっと?」と目を丸くしていた。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件