新感覚ホラー「見える子ちゃん」TVアニメ化! 異形なヤバイやつとの遭遇をシカトで凌ぐ!? ティザービジュアル&PVが公開

news

コミックウォーカーにて連載中の『見える子ちゃん』がTVアニメ化決定。あわせて、メインスタッフ陣、ティザービジュアル2種とティザーPVが公開された。

本作は、Twitterにて投稿された短編が反響を呼び、コミックウォーカーにて連載されている同名コミックが原作。怖いようで怖くない異形なヤバイやつたちとの遭遇を全てシカトで凌いでいく新感覚ホラーコメディが描かれる。

ティザービジュアルは、「見える版」「見えない版」の2種が用意された。また、戦慄の恐怖映像が収録(?)されたティザーPVも公開。

『見える子ちゃん』の監督は、『異種族レビュアーズ』の小川優樹、脚本は『幼女戦記』『亜人』の猪原健太が担当。アニメーション制作は『ひぐらしのなく頃に』など数々の人気作を手掛けるPassioneが手掛ける。

TVアニメ化を記念して原作者・泉朝樹より、お祝いイラストも到着した。

TVアニメ『見える子ちゃん』の放送時期、キャストなどは今後発表予定。続報に注目が集まる。

<以下、コメント全文掲載>

小川優樹 (監督)

僕はホラーが得意ではないので、みこの気持ちが本当にすごく分かって読みながらずっとみこに共感していました。皆さんにもこのみこの気持ちをお届け出来るよう精一杯頑張りたいと思います。

猪原健太 (シリーズ構成・脚本)

昔からホラー大好き、脚本デビューもホラー作品だったので、『見える子ちゃん』に関われることに言い知れぬ恐怖……ではなく、喜びを感じております。原作のヤバい化け物がアニメならではの動きや音で描かれるなんて、今からゾクゾクしています。怖がりの方もそうでない方も、是非「見える世界」をお楽しみください。

嘉手苅睦 (キャラクターデザイン・総作画監督)

『見える子ちゃん』は、ホラーとコメディがうまく融合したとても面白く秀逸な作品なので、そんなアニメに携われて嬉しいです!原作マンガの、怖いけどたまに笑えてしまう不思議な魅力をアニメで伝えられるように頑張ります!

(C)泉朝樹・KADOKAWA刊/見える子ちゃん製作委員会

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件