フット岩尾、「メス豚とか言うなら侮辱だが…」渡辺直美への不適切演出に私見

lifestyle

フットボールアワー岩尾望が、18日放送の『バイキングMORE』(フジテレビ系)に出演。東京五輪・パラリンピックの開会式の“不適切”演出問題について語った。

開閉会式の責任者であるクリエーティブディレクター・佐々木宏総合統括が昨年3月、開会式で渡辺直美にブタの仮装をさせて「オリンピッグ」として登場させることを提案したグループLINEが流出。これを『週刊文春』が報じると、「容姿を笑いものにしている」「侮辱している」と非難を浴びて辞任を表明。この辞意について、大会組織委員会の橋本聖子会長も受諾した。

佐々木氏のプランについて松嶋尚美は「女性であれ、男性であれ、そういうことを言うことは良くないこと」としながらも、「仲間内で『こういうのどう?こういうのどう?』という案を出し合ってる段階のLINEで…」と、突然の流出に驚き。

岩尾も「いろんな案を出している段階の話」と主張。その上で、「渡辺直美をメス豚だとか『お前は豚だから豚小屋で暮らせ』とか言ってるなら、それは本当に侮辱だし、絶対言ったらアカンことだと思う」としながら、「直美があの感じで豚の着ぐるみをつけて出てきてコミカルにやってると楽しそうな雰囲気もします」と語った。

また、結果的にこのプランは撤回されていることを受け、「ここまでいくことがあったのか」と、辞任まで追い込まれる必要の有無を疑問視した。

薬丸裕英は、「バラエティーで豚さんの格好をして女性が、おちゃらけてみるみたいな。それをこういうふうに非難するんですか?」と、バラエティ番組は別にしていいのかと、非難する側に投げかけた。これに対して坂上忍は「個人的にはバラエティとオリンピックを一緒にするべきではない」と異論をはさみながらも、「アイデアを生み出すためにはこういう発言は、なきにしもあらずだと思う」と持論。

この後、渡辺本人が吉本興業の公式ホームページを通じてコメントを発表。それによると「体が大きいといわれることも事実ですし、見た目を揶揄されることを重々理解したうえでお仕事をさせていただいております」などとつづられている。

これを受けて坂上は「直美ちゃんのこのコメントが一番救われる」と安堵。一方で「この問題はこのLINEを出していいのかというところに尽きる」と話していた。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件