『Apex Legends』高ランクプレイヤーを含む700人以上を不正行為により永久BAN―これまでの累計BANは200万人に迫る

gaming

Respawn Entertainmentは、バトルロイヤルシューター『Apex Legends(エーペックスレジェンズ)』について、ゴールドランク以上のプレイヤー700人超を不正行為により永久BANしたことを発表しました。同作のセキュリティを担当するConor Ford氏は自身のTwitterで、先週の木曜日以降対象となるアカウントをBANしたことを発表。海外メディアPC Gamerの取材によると、今回のBAN対象者内の180人ほどが「APEXプレデター」などの高ランク帯のプレイヤーのようです。なお、先日対応されたヒートシールドバグの悪用に関しては「永久BANの対象にはならない行為」としています。同作ではすべてのゲームモードと地域を対象に月間平均10万人ほどをBANしており、これまでの合計で200万人に近づいていることを明らかにしています。また、ランクマッチでは「ブロンズ」から「ゴールド」付近のプレイヤーに不正行為者が多いようです。Ford氏は不正行為への対応は"ある程度"成功しており、新しい手口に関しても引き続き監視や対応を強化していくとしています。700+ accounts used for cheating in ranked (Gold-Pred) have been permanently banned since last Thurdasy. This does not, and will not, include any accounts that used an infinite heat shield exploit. Love you all — Conor Ford / Hideouts (@RSPN_Hideouts) March 16, 2021 『Apex Legends』はPC/PS4/Xbox One/ニンテンドースイッチ向けに配信中です。

タグ: gamespark

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件