「ガンプラ」バトルをCG×実写で表現! 本広克行総監督作「ガンダムビルドリアル」が3月29日より配信

news

「ガンプラ」40周年を記念した、本広克行総監督による実写版「新ガンダムビルドシリーズ」が、2021年3月29日より『ガンダムビルドリアル』のタイトルで順次配信開始となる。

『ガンダムビルドリアル』は、2020年のガンプラ40周年記念プロジェクト「GUNPLA LINK PROJECT」の一環であり、40周年を記念する映像として本広克行総監督のもと、サンライズが制作。

ガンプラバトルを通じて成長していく高校生たちの青春群像劇に、CGによるガンプラバトルを実写合成することで実現したスペシャル映像だ。

劇中には現在発売中のガンプラをカスタマイズしたものが多数登場。実際の商品を塗装して組み立てることでリアルな再現が可能となっており、その再現方法・製作方法もウェブで公開される。

また、劇中に登場するガンプラの発売も予定しているとのこと。

『ガンダムビルドリアル』は、ガンダム公式YouTubeチャンネル「ガンダムチャンネル」にて3月29日20時より配信開始。

<スタッフ>

原作:矢立肇 富野由悠季

総監督:本広克行

監督:田中佑和

脚本:山内直哉、田中佑和

音楽:野崎良太(Jazztronik)

プロデューサー:岡林修平(LDS)、稲葉もも(Production I.G)

撮影:川越一成

設定考証:石井二郎

企画協力:BANDAI SPIRITS

音楽制作:サンライズミュージック

制作プロダクション:LDS

制作協力:Production I.G

企画・製作:サンライズ

(C)創通・サンライズ

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件