店主・羽田美智子が様々な事業所を訪問し、商品開発を提案!「羽田甚商店」の新企画始動!

lifestyle

女優の羽田美智子は商品を自ら店主となって目利きして取り扱うセレクトオンラインショップ「羽田甚商店」を2019年から運営している。このたび、ショップの新たなプロジェクトとして「羽田美智子が行く、日本全国羽田甚キャラバン」を発足した。

同プロジェクトは羽田が声をかけてもらった地域を実際に訪れ、さまざまな事業所を回る中で、「これは!」とビビッと来たものに、羽田甚印を付け、それらをオンラインショップ「羽田甚商店」で販売。さらに生産者との対談の中で、店主の発案により生まれる商品開発や、コラボ企画も行っていくというものだ。

第1弾企画として羽田が訪れたのは、佐賀県佐賀市高木瀬町にある「丸秀醤油」の工場。羽田は以前、「丸秀醤油」の秀島健介社長が開いた手作り味噌ワークショップにオンラインで参加。実際に味噌づくりを体験し、同社の味噌の虜に。今回、工場を訪れた羽田は「丸秀醤油」のこだわりの麹作りについて詳しく説明を受けた。

秀島社長の説明を受けながら、実際に米麹を試食した羽田は「甘い! やわらかくて、あまい。何に例えていいんだろう。わかんない!! わかんないけど、おいしい!!」と、経験したことのないやさしい甘さに感動。こだわりの麹作りの秘訣を知った羽田は、ワークショップでの味噌づくりを思いだし「そうか、あれは特別のお味噌なんですね。私やるじゃん! と思ってましたが、麹のおかげだったんですね(笑)」と同社の麹のすごさを実感。そして、「この麹の美味しさをご家庭の料理で楽しんでほしい」と思った羽田は秀島社長に自宅でオリジナルの塩麹や醤油麹を作ることのできる「お家で簡単 塩麹&醤油麹キット」の開発を提案し、この度、商品化が決まった。

他にも羽田は、卵にこだわるあまり養鶏場づくりから手掛けて始まったというこだわりのバウムクーヘンを作る「ムーラン・ルージュ」や、350年ほぼ変わらない製法で作り続けられる佐賀の銘菓・丸房露の「鶴屋」、オーガニックグラノーラにこだわった「GRAN」、ハンバーグやスープなど、佐賀のおいしいを集めた「SAGA STORY」などを訪ねて商品選定、商品開発を行った。「羽田甚商店」公式サイトにはそれぞれ対談記事が掲載されている。

羽田は「素材にこだわり、過程にこだわり、価格にこだわり、常に消費者の目線にたって作られる、安心安全な物作りの現場に立ち会わせていただき感銘を受けました。皆さん、佐賀愛が熱い!! そして佐賀市の未来は明るい!! そこには今でこそ叫ばれている『サステナブル』な、つまり持続可能な物作りの世界が広がっていました。羽田甚商店を続けてきて数々のモノに出会わせていただきましたが、『体に良いモノは地球にも良い』というまったく矛盾のない物作りのことを『サステナブル』と呼ぶのだと思います。地球環境のことも考えられ、私達の健康のことや暮らしも考えられた佐賀市の逸品を今回皆様にお届けできることを嬉しく思っています」とコメントしている。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件